自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ヒバリ 春を告げる鳥

更新日:

 

スポンサードリンク

2016-04-05 No.92

春を告げるヒバリ a skylark

skylark「北海道十勝 ん??なんかいる?と思い撮影すると、雪の畑の上をあるくヒバリでした」

skylarks「北海道十勝 前を歩くのはオス。後ろがメス。」

北海道十勝は春を迎えつつあります。
しかし、山間はまだまだ雪が残っています。
そんななか雪の上を歩くヒバリたちを見かけました。

春を告げる鳥として、古来より西洋でも東洋でも親しまれている鳥です。
雪が多い地域のヒバリは秋が深まる頃に南下し、雪解けと共に北国へ戻ってきます。
ヒバリは春を告げる鳥といえます。
春になると空で停空飛行しながらさえずる姿が特徴的な鳥です。

英語でヒバリは"lark"or"skylark"です。
タバコのラークはヒバリが由来なんですね。

ヒバリの生態 about a skylark

skylarks「北海道十勝 繁殖期はつがいで行動するが、それ以外の時期は小集団で行動することが多いヒバリ」

大きさ size

・18cm程度
・スズメより少し大きい程度

分布 distribution

・ユーラシア大陸及びアフリカ大陸、日本国など
・草原、河原、畑、まれに山岳地帯など
・積雪がある地方のヒバリは秋に南下し、春になると戻ってくる

繁殖 breeding

・繁殖期は春
・オスがさえずりながら高く舞いナワバリを宣言する
・草原の中の窪みを掘ってお椀上の巣をつくる

食性 feeding habits

・雑食(種子、昆虫、クモなど)
・地表を歩きながら餌を探す

ヒバリに関連した和歌や俳句 poetry and songs for a skylark 

a skylark「北海道十勝 ヒバリのオス。雄は冠羽といって頭の羽が逆立っている」

『うらうらに 照れる春日に雲雀上がり 心悲しも 独りし思へば』大伴家持(万葉集)
『永き日を 囀り足らぬ ひばりかな』松尾芭蕉

a skylark「北海道十勝 ヒバリのメス。ひとりでいるとスズメに見える」

昔から日本で親しまれている鳥であることが、上記のような歌があることで伝わってきます。
西洋にもヒバリに関連した楽曲などもあるようです。

本州、四国、九州、沖縄の方はどのような春を迎えているのでしょうか。
特に沖縄の春などは興味深くあります。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 鳥類
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.