自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ネックショットだと内臓が綺麗 ※閲覧注意

投稿日:

https://tiotrinitatis.com/hunter

2019-11-02 No.490

お疲れ様です。
北海道十勝のハンター
モーリーです。

今回の内容は閲覧注意記事です。
解体中のエゾシカの内臓の画像を紹介しています。
モザイクをかけていますが苦手な方はご注意ください。

先日、二頭のエゾシカを
仕留めることができました。

師匠の言葉『エゾシカの首を狙え』

内、一頭は綺麗な
ネックショット(首撃ち)でした。

ネックショットだと内臓に傷が付かず
ジビエとしての肉質も
良いとされています。

今回のお肉も
お世話になっている方や
実家や友人宅に持っていきましたが、
「うまい! 美味しい!」との
感想を頂いています。

私が食べても確かに美味しい。

そんな美味しいジビエの
解体の様子を
少しお届けします。

 

ネックショットはジビエに最適

ネックショットの解体

エゾシカ解体[ネックショットのエゾシカの内臓]

この画像がネックショットで内臓に
傷がついていないエゾシカの
内臓の様子です。

モザイクをかけていますが、
内臓に血が回っていない様が
見て取れると思います。

 

胴体に弾が当たったエゾシカの解体

エゾシカ解体
[胴体に弾が当たったエゾシカの内臓]

この画像が胴体に弾が当たった
エゾシカの内臓の
内臓の様子です。

モザイク越しに
血が溜まっているのが
見えると思います。

このように胴体に弾が当たると
体の中に血が充満します。

そのような状態だと
肉の劣化が進みやすく
味も劣化すると言われています。

 

売るならヘッド・ネックショット 自分で解体するならどちらでも

色々なエゾシカを食べてきて
思う事があります。

ネックショットであれ、
胴体ショットであれ、
実はお肉の味は
そんなに変わらない気もしています。

 

しかし、
もし私がそのエゾシカを
販売業者に売るとなると話は別です。

販売業者に売るということは
撃った後、
その業者に時間をかけて
届けなければなりません。

その時間が1時間なのか、
2-3時間なのか獲れた場所によりますが、
その時間を考慮すると
ネックショットで内臓に血が回っていない
エゾシカの方が確かに美味しいお肉に
なると思います。

一方自分で解体できるなら、
撃った後に
すぐに解体できますので、
弾が当たった場所を除けば、
お肉の味に大差はないですよね。

これからは胴体当たったら
自分で解体。

首や頭に当たったら
業者に売ろうかなと思います。

今回は猟期最初の獲物だったので
友人やお世話になっている方へ
お届け&郵送しました。

このサイトでもジビエの販売を
予定しているのですが、
ちょっとまだ時間がかかりそうです。

 

北海道はすっかり寒くなってきました。
貴方の町も寒くなってきたと思います。

暖かくしてお過ごしくださいな。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, ジビエ
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.