自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

北海道のお雑煮は関東ベースの北海道オリジナル

投稿日:

2020-01-01 No.550

あけましておめでとうございます。

北海道十勝のハンターモーリーと申します。

拙ブログにお立ち寄りいただき
誠にありがとうございます。

普段は北海道の自然環境や
狩猟に関する記事を
ブログにしたためています。

今後ともご訪問くださいますよう
お願い申し上げます。

 

正月を迎えお雑煮をいただきました。

北海道は広く83,450k㎡あります。

この面積は
四国(18,800k㎡)と
九州(36,750k㎡)を
合わせたよりも広く、
本州(228,000k㎡)の
約1/3に当たります。

そんなに広い北海道には
各地で様々なお雑煮があると聞きます。

北海道には日本各地から
移住してきた家系が多く、
各地というよりも、
各家庭でお雑煮も様々なようです。

とある北海道のお雑煮を紹介します。

 

とある北海道のお雑煮

お雑煮
[お雑煮 鳥ガラでダシをとり、白い角餅と半熟イクラで仕上げる]

 

ダシは鳥ガラ鶏肉の醤油ベース

鳥ガラスープ
[鳥ガラスープ]

北海道の内陸部では
かつお節や昆布などの
魚介系ダシではなく
鳥ガラでとる家庭もあります。

昔は海産物が手に入りにくいことが
由来しているのかもしれません。

その鳥ガラスープに醤油で味を調えます。

鳥ガラでとるダシは
なんとなく中華スープの様ですが、
お雑煮にとても合っています。

 

餅は白い角餅

角餅
[自宅でついたお餅]

北海道では関東風に
白い角餅を利用する家庭が
多いと思います。

関西では丸い餅を
利用すると聞き、
食文化の多様性に感じ入ります。

 

半熟のイクラ

いくら
[秋に遡上してきたサケのイクラ]

私の母方がオホーツク海に
面した町の出身なので、
お雑煮にイクラをのせます。

イクラはお玉で湯がいて
半熟のイクラにします。

この半熟イクラがポイントです。

 

半熟イクラ
[半熟いくら]

半熟のイクラは、
ほのかに歯ごたえを感じる食感に変化し
味わいもまろやかに変化します。

普段と違うイクラを
食べてみたい方にはおすすめです。

 

お雑煮を食べる理由

お雑煮は旧年の収穫に感謝し、
神様の魂が宿るお餅を食べることで、
新たな一年の無事を祈願することにあります。

明日は昨年狩猟したエゾシカを
利用したお雑煮を
作ってみようと思います。

 

 

昨年は多くの方にこのブログに来ていただき、
誠にありがとうございます。

貴方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-食・料理
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.