自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

-20℃の真冬の北海道の雪の下多くの生物たちが生き抜いている

投稿日:

2019-12-31 No.549

お仕事お疲れ様です。

年末年始も忙しく過ごしているのでしょうか。

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

夏にエゾサンショウウオや
ザリガニに出会いました。

彼女ら彼らは真冬の北海道の山や川底で
静かに春を待っています。

 

夏の生物たち

エゾサンショウウオ
[2019.7北海道後志 エゾサンショウウオ]

春先に山に入ると
エゾサンショウウオの卵が
静かな水域で見られます。

冬の間は水域近くの土の中や
落ち葉の下で過ごし、
ジッと春を待っています。

来春もまた多くの
サンショウウオたちが産卵するでしょう。

 

二ホンザリガニ
[2019.7北海道十勝 二ホンザリガニ]

日本に昔から住んでいる
由緒正しいザリガニです。

私が子供の頃は北海道の
至る所で見られましたが、
近年は急速に数を減らしています。

外来種のウチダザリガニや
アメリカザリガニや
人による河川工事の影響で
今は絶滅の危機が増大しています。

しっかりと守っていきたいと思います。

 

冬の北海道

冬の北海道
[北海道十勝 冬の山奥]

 

北海道の冬山
[北海道十勝 冬の山奥]

 

冬の北海道
[北海道十勝 冬の山奥]

冬の北海道の気温は
雪に覆われ-20℃まで下がります。

時には-30℃まで下がる場所もあります。

そんな雪の下、
ザリガニやサンショウウオたちは
静かに春を待っています。

そんな冬の北海道を体験しに
是非、遊びに来てください。

美味しい冬の味覚も待っています。

 

よいお年をお迎えください。

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-両生・爬虫類, 水生生物
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.