自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ジビエ エゾシカのロース肉は低脂肪高タンパクなアスリート向け&糖尿病予防な食材

投稿日:

2021-03-26 No.716

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

先日獲ったエゾシカ肉から
ロース肉を頂いてきました。

ロース肉とは
肩から腰にかけての
背肉の部分を指します。

猟師の間では「背ロース」と呼ばれています。

赤身肉で
低脂肪高タンパク
肉の旨味を保持しつつ
臭みもクセもなく
しっとりとした食感で
お刺身でもいただけてしまう部位です。

アスリート向けとして
糖尿病予防としても
理想的な食材だなと感じます。

そんな猟師の隠れたジビエフード
エゾシカのロース肉についてお届けします。

 




 

エゾシカのロース肉

エゾシカのロース肉

[2021.3北海道十勝 エゾシカのロース肉]

エゾシカは大きいため
ロース肉もうまく解体すれば
1メートル以上取れます。

背骨の外側に沿って付いている部位です。

背骨の内側は内ロースと呼んで、
ここも取るべき部位です。

 

関連記事:

ジビエ エゾシカ背ロースのお刺身

ジビエ 狩猟したエゾシカ肉の7つの各部位

 




 

 

二つの冷凍方法

エゾシカのロース肉

[2021.3 エゾシカのロース肉を一日風に当てた様子]

猟師によりいくつかの
方法がある様ですが、
肉を冷凍する際は
解体後に直ぐに冷凍する方法と
解体後に一日程度外気に晒してから
冷凍する方法を聞いたことがあります。

今回は解体後に一日外気に晒してから
冷凍することにしました。

一部はすぐに食べられるように
冷蔵庫へ保管。

 

ちなみに、冷凍する時は
一気に冷凍した方が良いので
下にアルミ板などを敷くと
より素早く冷凍できます。

 




 

特徴 アスリート向け

ジビエは霜降り肉のような
人工的なお肉ではありません。

生物が山や海の中で生き抜く
環境が育んだ食材です。

不自然な脂身はなく
赤身メインで
低脂肪高タンパクの
代名詞ともいえる食材です。

アスリート向けと言えるでしょう。

私が応援している格闘家
斎藤裕氏(ライジンフェザー級王者)も
試合前はジビエ料理を食べているようです。

 

アスリート向け食材としてもですが、
低脂肪高タンパクでミネラル豊富なので
糖尿病にも良いかもしれないと思いました。

 

試してみたい方は以下のサイトから購入可能です。

私が尊敬する猟師の方で、
十勝・日高・釧路などで獲れた
鹿や熊肉の販売などをしています。

狩人の蔵

 

 

エゾシカのロース肉を食べた翌朝は
エゾシカの血肉が
体に力を与えていることが実感できます。

起きた瞬間に
「あっ!今日は体調が良い!体が軽い」
的な感じってあるじゃないですか。

それです。

エゾシカのロース肉にはそんなお肉です。

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-ジビエ
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.