自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

猟師のジビエ シカ刺し ヘルシーエゾシカお刺身の味

更新日:

2018-02-06 No.230

 

広告

 

どうも、モーリーです。
北海道十勝はここ数日断続的に雪が降っています。
雪が降ると気温は下がりにくいので、普段より暖かく感じます。
それでも、最高気温は-5℃ですが。

今回は猟師たちの間で一番人気の部位『エゾシカの背ロース』を、お刺身で食べました。
シカ刺しについて紹介します。

エゾシカの背ロース

ジビエ エゾシカ 背ロース[ジビエ エゾシカの背ロース]

先週とってきたエゾシカ肉も良い感じに熟成してきました。
そんな頃合いを見計らって、エゾシカの背ロースをお刺身でいただきました。

 

低カロリーで高タンパク、鉄分とミネラル豊富とヘルシーのかたまりジビエ

ジビエ 生食 刺身 エゾシカ[ジビエ エゾシカの背ロースのお刺身 白髪ねぎで添えて]

エゾシカの背ロースをスライスした様子です。
脂肪が少なく、野性味溢れる瑞々しさであふれています。

 

味と食感

ジビエ エゾシカ ヘルシー[ジビエ エゾシカ刺し 今年のエゾシカは太っている 例年よりも雪が少ないためエサを探すのが容易だからである]

良い状態のシカ肉は臭みもクセもなく、瑞々しく、しっとりとして、舌の上をなめらかに滑ります。
食感は、確かな歯ごたえがありつつ、噛み切ることも容易で、歯ごたえと柔らかさが混在したお肉です。
少し前まで十勝の山野を駆け回っていエゾシカを、思い浮かべられる食材です。

上記のお肉にはわずかですが、脂肪が見えます。
今年は雪が少なくシカたちはエサ(ササなど)を探すのが容易なため沢山食べられます。
よって肉に脂肪がのっています。
例年ですと、この時期の肉は脂肪がなく赤身だけなのですが、
今年は、わずかに脂肪ものったお肉にありつけます。

(降雪に関する参考記事:冬の山 空のオジロワシ キツツキの穴 そしてエゾシカはいない

 

 

和牛のおいしさと対をなす美味しさ

地元に和牛のコンテストで全国ベスト10に入る牛を飼育している方がいます。
時折その和牛をご馳走になります。
肉は本当に柔らかく、脂肪は舌の上で蕩けます。
同じ肉でも、シカ肉と全然違うなと思います。

北海道の山野を駆けるエゾシカと、
人が丹精込めて育む和牛、
美味しさに違いはあれど、
両者ともに本当に美味しい。

 

厚生労働省の野生鳥獣調査

ジビエ シカ刺し [ジビエ エゾシカの背ロースのお刺身 白髪ねぎをクルっと巻いて醤油でいただきました]

ジビエはいい事ばかりではありません。

厚労省から以下の注意喚起がされています。

・ジビエはよく加熱して食べること 
・生または加熱不十分な野生のシカ肉やイノシシ肉を食べると、E型肝炎ウイルス腸管出血性大腸菌または寄生虫による食中毒のリスクがある 
・ジビエは中心部まで火が通るようしっかり加熱すること

 

私は本当に美味しいものを食べるためにハンターになりました。
よって、エゾシカを生食でも食べます。
ですが、貴方が食べるときはしっかりと火を通して欲しいと思います。

 

福井県では記録的な大雪に見舞われているとニュースを聞きました。
貴方は大丈夫ですか。
無理はしないで、自身の安全第一でお過ごし下さい。

したっけぃ

 

広告

 

広告

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, 自然, 食・料理, ジビエ, 美容と健康
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.