自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

7頭のエゾシカを獲って解体してエゾシカ肉を30kg持ってきた話

投稿日:

2021-03-19 No.709

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

3月に入り北海道での猟期も
終わりに近づいてきました。

ここ十勝ではすでに狩猟はできなくなり
狩猟へ行くにはお隣の日高や釧路まで
いかなくてはいけません。

北海道の猟期や猟場について:

令和2年度(2020 年度)エゾシカの可猟区域及び期間等について

※なお、上記サイトのWEBタイトルには「平成24年度エゾシカの捕獲禁止及び制限(可猟区域)について(素案)」とあります。役所のファイル名修正忘れ?だと思います。令和2年度のものとしてそのままご覧いただけます。

 

猟期は終わりましたが
駆除(畑作被害軽減等を目的とした猟)
は可能で、駆除に参加してきました。

10人ほどで7頭のエゾシカが獲れました。

 




 

 

猟場の様子

猟場

[2021.3北海道十勝 猟場付近の山林]

十勝の三月はまだまだ雪が残っています。

それでも雪解けが進んでおり
林道も真冬よりは走り易くなってきています。

猟師を見つけると
カラスやキタキツネたちも
おこぼれをもらえるかもしれないと
集まってきます。

 

エゾシカの糞

[食べ散らかしたササ原にあったエゾシカの糞]

このようにエゾシカがいると
ササの葉が食べられており
エゾシカの糞が見られます。

エゾシカの気配が
濃くなってきました。

林の中を歩く4頭のメスのグループを発見。

それを皮切りに午前中で
7頭のエゾシカが獲れました。

 

 




 

エゾシカ解体作業

エゾシカ解体

[2021.3北海道十勝 解体されたエゾシカのモモ肉や背ロース]

獲ったあとはみんなで解体。

ベテランハンターが若いハンターへ
解体の方法を伝授しながら
和気あいあいと解体します。

 

普段は一人で忍び猟が多いので
大人数でガヤガヤしながらの解体は楽しい。

 

エゾシカ肉のモモ肉とロース肉

上記画像の手前の足は後ろ足。

エゾシカは前足と後ろ足では
大きさが随分違います。

レストランなどで
モモ肉としてでているのは
だいたい後ろ足のモモ肉の
「しんたま」と呼ばれる部位だと思います。

画像の真ん中あたりにある
長い二本のお肉は
背中の両脇についている
ロース肉です。

ロース肉は背ロースと呼ばれており、
猟師の中では一番の部位とされています。

背骨の内側の内ロースと
呼ばれる部位も獲りましたが、
どこかのお肉と混ざってしまい紛失。

 

エゾシカ肉の部位については
よろしければ以下の記事を
ご覧ください。

エゾシカ肉の部位についての記事:
ジビエ 狩猟したエゾシカ肉の7つの各部位

 

30kgの鹿肉

私は30kgほどのお肉を分けて貰いました。

内、半分の15kgほどは
お世話になっている方や友人に届け、
残りはストッカーに確保。

これでしばらく間はタンパク質に困りません。

 

したっけぃ

 

ビクトリノックスの骨好き丸。
解体はこれとナタ。
どんなナイフであれ解体前はしっかりと砥ぐことが大切です。

VICTORINOX(ビクトリノックス) 骨スキ丸 ステンレススチール ブラウン 14x5x5cm 牛刀包丁 5.5600.14

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, ジビエ
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.