自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

菜の花 セイヨウアブラナ アブラナ科は油の菜

更新日:

 

スポンサードリンク

 

2016-06-14 No.134

菜の花畑

canola 菜の花 セイヨウアブラナ「北海道十勝 菜の花畑 菜の花はセイヨウアブラナ」

お疲れ様です。いかがお過ごしでしょうか。
ここ北海道十勝の鹿追町の畑では一面の菜の花が咲き誇っていました。
菜の花はナノハナという花がある訳ではなく、アブラナ科の花のうち黄色い花を咲させる植物をナノハナと呼んでいます。
セイヨウアブラナクロガラシハルザキヤマガラシなどがそれらにあたると思います。
今回は菜の花についてお届けします。

 

 

 

アブラナ科

canola 菜の花 セイヨウアブラナ「北海道十勝 セイヨウアブラナ近景 花が咲く頃になると食用には向かないと言われている」

菜の花畑の菜の花はアブラナ科セイヨウアブラナと呼ばれる植物が多く利用されています。
アブラナ科は「油菜」が名前の由来で、昔からこの植物から油をとって利用していました。

 

ナタネ油とよく聞きますが、これもナタネという植物がある訳ではなくセイヨウアブラナなどの菜の花を指しています。
江戸時代には日本から昔からあったアブラナから油を取り利用していましたが、最近ではもっぱら移入種のセイヨウアブラナを菜の花として利用しているようです。

 

canola 菜の花 セイヨウアブラナ「北海道十勝 畑一面全て菜の花畑になっている」

アブラナ科は食用として多くの種類が利用されています。
キャベツや白菜、小松菜、ブロッコリー、カリフラワー、カブ、大根などは全てアブラナ科です。
先日紹介したクレソンもアブラナ科です。
大根やクレソンなど辛みを感じる成分が含まれる種類もありますが、これは虫の幼虫などに食べられないようにするための生存戦略の一環です。もっとも、この辛みを気にしないで食べる生物もいます。青虫や人間です。

関連記事:

 

クレソン 清流の万能野菜はダイエットとデトックス、美容と健康に

 

canola 菜の花 セイヨウアブラナ「北海道十勝 菜の花 セイヨウアブラナにとまるマルハナバチ」

 

私たちの食べるものは全て自然を利用してできているものです。

 

スーパーに並んでいる食品全てが自然由来のものです。
自然のものを食べて生きている私たちもまた自然の一部なのだと感じてみてくださいな。

したっけぃ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-風景・景色, 植物

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.