自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

オオバナノエンレイソウ 北国の大地を白く彩る森の貴婦人

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

2016-05-05 No.111

 

オオバナノエンレイソウ a white trillium

trillium「北海道十勝 オオバナノエンレイソウ。三枚の花弁と葉が特徴的」

この時期、山菜を採りに森に入ると白く大きな葉を持った花が咲いています。
オオバナノエンレイソウです。
白く大きな花は森の中にあってとても目を引く存在です。
大きな花がドレスのようで気品が感じられる花であることから「森の貴婦人」といわれています。
日本では北日本で見られ、特に北海道十勝の同種は大きく、広尾町や帯広市では大群落を見ることができます。

今回はこの森の貴婦人オオバナノエンレイソウを紹介します。
英語でエンレイソウの仲間を"tirillium"【ラテン語:三つ】と読んでいます。
花や葉が3枚あることから来ています。

 

 

オオバナノエンレイソウについて about trillium

trillium「北海道十勝 オオバナノエンレイソウの群落。帯広市内の公園」

早春に咲く(エンレイソウよりやや遅い。北海道十勝では5月上旬頃)
花が咲くまで10-15年
寿命20-50年
・北海道大学の校章はオオバナノエンレイソウを参考に意匠
・北海道十勝の広尾町と帯広市では大群落が見られる
・十勝地方の同種の花は大きい

 

 

分布 distribution

trillium「北海道十勝 開きかけのオオバナノエンレイソウ。林内のシメシメした場所に生育する」

・中国東北部、サハリン、カムチャッカ、北日本
・北海道、本州北部
・低地から山の湿った森林

 

 

花言葉 flower language

trillium「北海道十勝 オオバナノエンレイソウ。森の貴婦人。花言葉は奥ゆかしい美しさ」

花言葉:『奥ゆかしい美しさ』

オオバナノエンレイソウが森の中で見られるようになる頃、地上では桜(北海道の桜はソメイヨシノではなくエゾヤマザクラという別種)が咲く頃です。
5月の連休は北海道では花見の季節です。
ちなみに、北海道の花見は焼肉やBBQを食べながら行います。
本州の趣のある花見とは一味違う花見です。

当ブログにご訪問くださりありがとうございます。
このブログが皆様の生活のちょっとした清涼剤になれば幸いです。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 植物
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.