自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

なぜアメリカ大統領選挙は火曜日なのか?

更新日:

2020-11-03 No.643

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

2020年アメリカ大統領選挙投票が始まりました。

今後の世界情勢の趨勢を決定づける
今世紀で最も重要な選挙といえるかもしれません。

そんなアメリカの大統領選挙が
なぜ火曜日に行われるのか?

最重要選挙区と目される
ペンシルベニア州フィラデルフィアに
留学していた私が解説します。

 

なぜ火曜日に投票なのか?

日曜日は協会へ行く日

日本では選挙の投票は
基本的に日曜日に行われます。

アメリカでは火曜日です。

これは憲法で定められていることです。

なぜか?

アメリカは本来とても信仰が厚い国です。

昔に比べると
毎週日曜日に協会へ行く人は
減ったと思いますが、
昔は日曜日に協会へ行き
神へ感謝し地域の交流を深める大切な日でした。

そんな大切な日は投票日にできない事情がありました。

 

月曜日は投票所まで馬で移動する日

乗馬

[2007.5北海道十勝 農道を乗馬するグループ]

日本では投票は小学校などで行われ
投票場が近くにあります。

しかし、
昔のアメリカでは投票場は
遠い大きな町にのみあったため、
町から距離がある地域に住む有権者は
馬に乗って投票場のある町まで
出向く必要がありました。

そこで、月曜日は移動の日と定めています。

広大な土地を持つアメリカ合衆国ならではです。

 

火曜日が投票する日

投票場までたどり着いた有権者が
火曜日に投票場で自分の一票を投じた
という歴史的背景があります。

この事からアメリカでは
投票日が火曜日とされています。

投票日が火曜日であることは
憲法で定められていることですが、
最近では日曜日に変更する州もあり、
今後は変わっていくのかもしれません。

 

自分の投票権を行使するために
移動に月曜日をまるごと一日使う。

のんびりとした時代であると共に
投票する権利を大切に思っていた
アメリカ合衆国国民の
人々の生活や思いが伝わってくるようです。

 

God Bless America

 

大統領選挙が
どのような結果になったとしても
アメリカ合衆国と日本がしっかりと
手を結び、
世界の安定に寄与する
同盟関係を堅持していければと思っています。

なんの力にもなりませんが
私もその一助となれれば幸いです。

 

以下の動画は
2020年米国大統領選挙について
友人同士で語っている動画です。

英語のみですが、おすすめできる動画です。

 

 

 

"God Bless America"は
アメリカの第二の国歌ともいえる歌です。

 

したっけぃ

 

昔テレビで放送されていた「大草原の小さな家」。
アメリカの「北の国から」的番組。

旅立ち

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-その他
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.