自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

スキーを履いて雪山へ狩猟Goto 猟場の風景やエゾシカ肉の処理や味など

投稿日:

2021-03-02 No.695

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

先日、エゾシカを目的に
狩猟に興味があるという方を
伴って猟に行ってきました。

狩りの風景と
解体したお肉の画像などを
お届けします。

※死骸や解体の画像は掲載していません。

ブログミッションと対象読者:
このブログは狩猟を軸に北海道の野生生物や自然環境、北海道の食文化や生活・風俗などの情報について情報発信しています。
ブログミッションは野生生物と人の経済活動の自他共栄。両者の折り合えるポイントを見出すこと。
この記事はエゾシカの狩りの風景と鹿肉についてお届けします。
対象読者は都市圏で丁寧に働く女性をターゲットにしています。

 

狩りの風景

狩場

[2021.2北海道十勝 雪が積もる山野]

まだまだ雪深い北海道の山野。

スノーシューと
山スキーを持って狩猟へ。

この時は山スキーを選択。

 

山スキー

[2021.2北海道十勝 山スキーで山奥に入る]

山スキーは
ラッセル(雪道を漕ぎ分ける)の
必要がなく、スイスイと雪の上を進めます。

ただし、スキー自体が重く、
方向転換も不自由で、
靴もスキー靴なので
スキーを外すと歩きにくいという
多くのデメリットもあります。

 

シカの道

[2021.2北海道十勝 エゾシカの道]

しばらくすすむと
エゾシカの足跡でできる
鹿の道がありました。

エゾシカの気配が濃い。

 

ここまでくると汗だくです。

 

ふと眼をあげると
80mほど先の林内に
一頭のオスのエゾシカがいます。

顔を下に向けています。

こちらに気づいていると
思いますがなぜか動かない。

 

あたりは午後の冬の山の中。

枝が風に揺れる音や
雪が枝から落ちる音しか
聞こえません。

 

後ろにいる一人に
耳を抑えるよう
静かに声をかけて発砲。

「ドンッ」と一発。

お腹に当たりました。

その場で倒れます。

 

 




 

 

エゾシカ肉

解体後の処理

エゾシカ肉

[2021.2 解体したエゾシカ肉]

モモ肉とあばら骨の一部です。

これで10kgほどあります。

 

ただ、弾がお腹に当たって
あばら骨が一部破損しています。

そういう部分は血が回って
美味しくないと聞きますが、
今回はあえて食べてみようと思います。

 

関連記事:

ジビエ 狩猟したエゾシカ肉の7つの各部位

エゾシカ肉の部位と内臓 背ロース、モモ肉、スペアリブ、ハツ、レバー、タン他

 

塩水で洗うエゾシカ肉

[エゾシカ肉を塩水で洗う]

鹿肉には毛などが
付着してしまいます。

毛は雑菌の塊なので
塩水と流水で汚れを洗い流し
タオルで水分を拭きとってから
冷凍保存します。

 

試食

エゾシカの焼肉

[2021.2 塩コショウだけのシンプルなエゾシカの焼肉]

一部は軽く試食してみました。

塩コショウだけでシンプルな焼肉、
赤ワインと共に。

ほのかな獣臭を感じますが、
まずまず美味しいです。

ごちそうさまでした。

 

したっけい

 

 




 

 




 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.