自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

生命の旅4 エディアカラ生物群の繁栄と超巨大噴火

更新日:

 

スポンサードリンク

 

2016-03-15 No.86

どうも、ハンターのモーリーです。

興味があるので、
地球の生命史をまとめています。
貴方と一緒に勉強できたら幸いです。

前回記事。
生命の旅3 多細胞生物とメスとオスの登場

3行まとめ

2度目の全球凍結を終え、生物の一部は多細胞からエディアカラ生物群へと進化した。
その後、巨大噴火(スーパープルーム)によってエディアカラ生物群は絶滅。
『カンブリア大爆発』という生命の大躍進時代への橋渡し役として。

全球凍結の雪解け 40億歳

地球の年齢で38.7億歳、
今から7.3億年前に、
地球はその全てが氷で覆い尽くされる全球凍結を迎えました。

この全球凍結は数千万年から一億年続きました。

この全球凍結の前に繁栄していた生物の
多細胞生物や単細胞生物は大量に死滅し、
生命は絶滅の危機にさらされます。

この全球凍結の期間も生命は、
海底火山などの周辺で、
細々と生き抜きます。

今回の全球凍結もまた、
火山活動による二酸化炭素の上昇により
温室効果を取り戻し、
地球は再び温まります。

温まる過程で、
シアノバクテリアなどの光合成による活動で、
大気の酸素濃度がさらに上がります。

2度目の全球凍結が終わり、
生命の息吹が聞こえ始めます。

 

エディアカラ生物群 40~40.6億歳

ediacaran「エディアカラ生物群のイメージ。大きさは最大1m程度、厚さは3mm程度の生物が海底を動き回る」

柔らかく薄い生物群の発見

1946年オーストラリアのエディアカラで、
丘陵で多数の化石が発見されました。

肉眼で確認できる化石としては最古のものでした。

特徴は「柔らかく」、「薄い」生物でした。

ワカメやコンブが海底を
這い回る感じでしょうか。

大きさは数十cmから1m程度で、
厚さは数mmです。

発見された場所のオーストラリアの地名から
エディアカラ生物群と言われています。

この時代になると、
ヒトの眼でも確認できるほどの
大きさの生物が登場し始めます。

エディアカラ生物群は、
巨大火山の影響で減少。
さらに、
新たに登場した捕食動物により、
食べ尽くされ、
絶滅しました。

現在の地球に
エディアカラ生物群を先祖とする
生物は残っていません。

エディアカラ生物群の生活

エディアカラ生物群は、
海の底を這いまわり、
クラゲのように漂い、
時折水に運ばれてくる栄養素などを
食べていたと思われます。

この頃は、
捕食者もいないので、
のんびりと、ゆったりと
生活していたのでしょう。

 

なぜ多くが化石として残ったのか

昆虫や貝の様に硬い殻を持たないエディアカラ生物群は、
化石として残りにくい特徴をもっていました。

しかし、

この外骨格を持たない
柔らかい体を持つエディアカラ生物群の化石は
世界各地で見ることができます。

なぜか。

超巨大噴火、
スーパープルームです。

想像を絶する
巨大な噴火が発生し、
地球全体が大量の粉じんで、
短い時間で土砂に埋まり、
化石として残こりました。

 

ゴンドワナ大陸の形成と分裂

gondwanas「5億5千万年前の大陸 現在と違い南半球に多くの大陸が集まっている」

ここで巨大噴火の原因を見てみます。
生命の歴史にとって
特記すべきイベント、
カンブリア大爆発のきっかけとなる事件です。

今から5億5千万年前に、
巨大なゴンドワナ大陸が形成されます。

ゴンドワナ大陸は、
今もある大陸や島を含む、
巨大な大陸でした。

・アフリカ大陸
・南アメリカ大陸
・南極大陸
・オーストラリア大陸
・マダガスカル島など

巨大な大陸は
分裂する際に
巨大な噴火を引き起こします。

一例で、
2億5000万年ほど前に
超大陸パンゲアという、
巨大な大陸がありました。

その大陸が分裂する際に、
巨大噴火が発生し、
当時の生物の70%が死滅。

ゴンドワナ大陸でも、
超巨大噴火が発生したのです。

 

超巨大噴火(V-C境界) 40.5億年歳

今から5.5億年前、
ゴンドワナ大陸のある場所で、
超巨大噴火(スーパープルーム)が発生。

火山灰が世界中の海底に降り注ぎ、
エディアカラ生物群は、
死滅したと考えられています。

 

最初のビッグファイブ

生物の大量絶滅は、
過去に五回起こっています。
ビッグファイブと呼ばれています。

5.5億年前の巨大噴火による大量絶滅が、
ビッグファイブの最初です。

この絶滅で、
当時の生物種の85%が死滅しました。

ちなみに、
ビッグファイブには、
全球凍結による、
単細胞や多細胞生物の大量死滅は含まれません。

 

V-C境界

エディアカラ生物群が死滅した時期は、
V-C境界と呼ばれています。

VとCの意味は、
V=Vendian Period(ヴェンド期

エディアカラ生物群が繁栄した時代は
エディアカラ期やヴェンド期と
呼ばれています。

C=Cambrian Period(カンブリア期

なぜ、
境界というのか。

それは、
噴火による火山灰が
地層に黒っぽいラインをつくり、
境界として
残っているからです

この5億5千万年前のV-C境界の後に、
生物史において
特記すべきイベントが起こります。

「生命の大爆発」とも呼ばれるイベント、


『カンブリア大爆発』

次回。
生命の旅5 眼の誕生とカンブリア大爆発

カンブリア大爆発を詳しく知りたい方は、
アンドリュー・パーカー氏の
「眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く」
を、おススメします。

 

 

新しいペア誕生

先日友人の結婚式がありました。
新郎新婦とも知人です。
この二人が一緒になり
新しい命をつないでいくのだと思うと
感慨深いです。

ヒトに限らず
地球上の全ての生命は、
40億年前に地球で誕生し、
そこから命を受け継いでいます。

そして次代へと
命の連なりを
紡いでいくのでしょう。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 生命史
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.