地球誕生 隕石から共通の祖先誕生

更新日:

 

スポンサードリンク

 

 

2016-02-05 No.82

どうも、ハンターのモーリーです。

自分の勉強用に、
地球の生命史をまとめています。
シンプルな記述を心掛けて記します。

地球ができて46億年:the birth of the earth

tellus「地母神。母なる神のイメージイラスト。作者は故、佐藤健吾エリオ氏」

地球ができて、
約46億年(4,600,000,000年)が経ちました。

地球の始まりの姿について記します。

地球誕生[46億年前]: early earth

mountains[北海道十勝 日高山脈 伏美岳の頂上より撮影]

地球の誕生は46億年前。
この宇宙はできてから、138億年が経っっています。

最初は、
太陽の周りの隕石や微惑星が集まって
地球が成長を始めます。


隕石や小惑星は多い時で、
毎日何千個と降り注ぎました。


衝突した隕石や微惑星には、

「鉄」、「水」、「二酸化炭素」など、
様々な物質が含まれていました。

やがて隕石などの大きさも小さくなり、
衝突する数も減り、
地球が冷えてきます。

海の誕生[43億年前]:the birth of ocean

ocean「北海道十勝大津 冬の海」

隕石などに含まれていた「水」が、
冷えた地球で、
大雨となって、
降り注ぎます。
1000年間も降りそそぎました。
海の誕生です。

43億年ほど前のことです。

生物誕生[40億年前]: phantom lives

squirrel 「北海道十勝のエゾリス」

生命がどのように発生したのか?
よくわかっていません。

1969年、
オーストラリアのマーチンソン村に
墜落した隕石の中に、

生命の元となる、
有機物質(アミノ酸)が、
確認されました。

原始の地球に衝突した隕石の中にも有機物質があり、
それが地球における生命の発生の
きっかけになったと考えられています。

わたしたちのこの宇宙には、
「命の種」に満ち溢れているのかもしれません。

全ての生物の共通の祖先: Common descent

lives「北海道十勝 菌類のキノコ ベニテングダケ 毒キノコ」

「地球に存在する全ての生物の共通祖先」が、
40億年ほど前に誕生しました。


海ができて、
3億年ほど後。

全ての生物の共通の祖先が、
どのような生命であったのか、
よく分かっていません。


恐らくは、
単細胞の細菌のような生物であったとされています。

この生物らしき有機体である『共通の祖先』から、
数億年を経て「原核生物」へと進化していきました。


原核生物とは、
シンプルな単細胞生物で、
大きさは0.001mm-0.005mmほど。

私たち全員が、
40億年前に発生した、
生命の連なりの先端の存在です。

鹿も、鳥も、蟻も、
あなたの周りの人全てが、
命の連なりの先端に存在するのです。


そして、次に命を繋いでいくのでしょう。

次回は原核生物が進化し、
地球の環境を激変させた事件を紹介します。

生命の旅1 共通の祖先から原核生物、そして全球凍結へ

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 生命史
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.