自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ウポポイってなに? 意味や場所や入場料について知事に聞いてみた

更新日:

2020-04-03 No.588

 

エゾリス
「あのさ」

 

キタキツネ
「なに?」

 

エゾリス
「ウポポイってあるじゃん」

 

キタキツネ
「あれな、非常事態宣言だした
鈴木知事の後ろの看板にあったな」

 

エゾリス
「結局なんなん?」

 

キタキツネ
「確かココリコ遠藤の
ネタだったかな」

 

アマガエル
「馬鹿モン!若いもんはなにも知らんのぉ」

 

キタキツネ
「然別湖の二ホンアマガエル知事だ」

 

エゾリス
「知事はウポポイがなにか知ってるの?」

 

アマガエル
「ふむ、お前たちに教えて
おかなくてはならんようじゃな。
2020年4月オープン予定のウポポイについて。」

 

エゾリス
「教えてよ。ウポポイって?」

 

キタキツネ
「…(あんま、興味ないな…)」

 

 

 




 

ウポポイ

ウポポイとは

ウポポイ
[画像引用:https://ainu-upopoy.jp/(ウポポイ民族共生象徴空間websaiteより]

アマガエル
「ウポポイとは、先住民族アイヌ民族の
文化や歴史などテーマとした国立博物館じゃ。」

「アイヌ民族は北海道のみならず、
北方領土やサハリンにも暮らしており、
クリル人とも呼ばれておる。」

「この博物館は日本のみならず広域な
アイヌ民族の言語、文化、歴史を収集
及び、蓄積する国際的な機関としても
期待されておるのじゃ。」

 

ウポポイの意味

エゾリス
「ウポポイってどんな意味なの?」

 

アマガエル
「ウポポイとは、アイヌ語で
【大勢で歌うこと】じゃ。」

「名前の選考にあたっては、
全国からの投票によって決定したのじゃ。

1位 ウポポイ【大勢で歌う】
2位 ウヌカリ【出会い】
3位 ウタルニ【人々がいる所】

の中で、ウポポイが半数近くの票をとり
ウポポイに決まったのじゃ」

 

キタキツネ
「…(この中じゃウポポイが一番ましかもな)」

 

ウポポイの場所

エゾリス
「ウポポイはどこにあるの?」

 

アマガエル
「ウポポイは、北海道白老町じゃ。
グーグルマップで示したぞい」

 

アマガエル
「北海道の玄関口、千歳空港から
車や列車で40分程度。
札幌市からも車や列車で約65分と
ドライブなどには良い感じじゃ」

 

 

ウポポイの料金

エゾリス
「入場料金はいくらくらいなの?」

 

アマガエル
「大人1200円、高校生600円、
中学生以下は無料じゃ。
団体割引もあるぞい」

 

「来客は年間100万人以上を見込んでおる。」

「しかし、covid-19の影響で
2020.4.24オープンは雲行きが怪しくなってきておる」

「白老町の町議会がオープンの
延長について日本政府へ打診しておる状況じゃ」

「ちなみに、総工費は200億円以上。
国土交通省なども維持管理費などで
多大な予算を計上しておる。
関連省庁の天下り先になるのが心配じゃわい。
しかも、広報活動業務はあの電通じゃ。
先が思いやられるわい」

 

 

キタキツネ
「なまら詳しいっすね、知事」

 

アマガエル
「当然のことじゃ。iPhoneならの。]

 

エゾリス
「iPhoneなの?」

 

アマガエル
「いや、Xperiaじゃ。
では、さらばじゃ」

 

キタキツネ
「…(なんなんだよ)」

 

 




 

ウタルニ・ウヌカリ・ウポポイ

キタキツネ
「カエル知事、行ったな(カエル最近食べてないな)」

 

エゾリス
「あぁ、疲れたけど勉強になったよ」

 

アイヌとハワイの先住民族によるダンス
[2008.6北海道十勝 ハワイ先住民族とアイヌ民族の交流会 ダンスを踊っている様子]

 

シマエナガ
「夢を見たわ」

 

キタキツネ
「なんだ、突然」

 

エゾリス
「アイドルのシマエナガじゃん」

 

シマエナガ
「ハワイ先住民族とアイヌ民族の交流会の夢よ」

 

キタキツネ
「(なんか押しが強いなコイツ…)なんで、そんな夢を」

 

シマエナガ
「分からない。でも…、
ウポポイができる12年も前に
十勝では民間でハワイ先住民族と
アイヌ文化の交流を促し、
地域住民へ多様な文化への
理解促進を進めていたわ。」

「そういう小さな活動が少しづつ、
ウポポイの設立を促していったのだと思うわ。」

「アイヌ民族と和人の歴史は
一言でいえない深く暗い歴史があった。
そういう歴史があった上で、
今の私たちの生活はあるわ」

 

キタキツネ
「まあな、で何が言いたいんだよ」

 

シマエナガ
「農業に依存しない、
狩猟生活で生活をするアイヌ文化は
これからの日本や世界に必要な
思想哲学を提示しているわ」

「ウポポイでは、
その思想哲学に触れられる。
それは貴重な体験よ」

 

エゾリス
「かもな。オープンしたら
俺たちも行ってみるか」

 

キタキツネ
「まあな、人間がエサくれるかもだし。
最近は知床財団のせいで
エサくれる人減ったけどな」

 

シマエナガ

「ウタルニ(人や動物がいる場所)で
ウヌカリ(出会い)、
そしてウポポイ(皆で歌う)」

「では、皆さん北海道白老で待ってるわ」

 

民族共生象徴空間ウポポイ

 

したっけぃ





  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-旅・観光・温泉
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.