自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

観測史上最も初雪が遅かった今冬 大地が深くまで凍る年は収量が減るのか農家さんに聞いてみた

投稿日:

2021-03-29 No.719

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

このブログに訪問していただき
ありがとうございます。

北海道十勝では雪解けが進み
畑の土が見えてきました。

今冬は初雪が観測史上最も遅く
畑が深くまで凍り付き、
農作業開始時期が遅れる
かもしれないと思っていました。

今年の農作業について
近所の農家さんの話を聞いてみました。

 

 




 

雪が少ない年は収量が減ると言われていました...が

日高山脈

[2021.3北海道十勝 日高山脈]

画像は春になり畑の雪解けが
進んでいる畑の様子です。

2020(令和2年)年度の冬は
十勝では初雪が観測史上最も遅い年でした。

 

関連記事:
雪のない初めての年越し

 

雪解けがすすむ十勝平野

[2021.3.19北海道十勝 雪解けがすすむ十勝平野 遠くに見える山々は日高山脈]

初雪が遅くなると、
土は低温の影響を直接受けて
奥深くまで凍り付きます。

例年は11-12月には雪が降り
根雪となり、雪が断熱材的役割を担い
大地の凍てつきを軽減します。

今シーズンは初雪が遅かったため
畑作業の開始が遅くなることが
予想されていました。

しかし、状況が変わってきたと
地元で60年以上農家をしている方が語ります。

 

 




 

 

気候変動の影響で暖かくなったと農家は語る

十勝平野

[2021.3.28北海道十勝 牧草畑 白く見える部分は雪ではなくキツネに食べられた白鳥の羽]

農家さんと情報交換

畑を歩いていると
農家さんが話しかけてきます。

少し(一時間ほど)おしゃべりします。

カラスやキツネ、シカやヒグマ、
アライグマによる被害状況や
出現場所について情報交換する
大切な時間です。

十勝ではアライグマによる食害が
この1-2年で増加しています。

近所のこの畑地でも
アライグマによるデントコーンへの
食害がここ1-2年で始まったと聞きました。

 

関連記事:

アライグマ駆除最前線レポート ラスカルから始まった外来種問題

アライグマ捕獲強化月間 12,354頭のアライグマパトロールへ

 

 




 

 

気候変動・温暖化の影響で凍てつく大地が溶けるスピードが速くなる

初雪が遅くなったことで
農作業開始時期が遅れそうですが
大丈夫か聞いてみました。

農家さんによると
温暖化や気候変動の影響で
日中の気温が上がるので、
農作業の開始時期は例年通りとのこと。

農家さんは60代の2代目で、
子供の頃からここで農業をしていたが
子供の頃よりずっと暖かくなり
雪が少ない影響は昔と比較すると
少なくなったと言います。

昔は-30℃になることも
珍しくなかったが、
今では-30℃まで下がることは
ほぼなくなり、
3月の日中の気温も
これほど暖かくなる(10℃)日は
少なかったと思うと。

極端な低温の日が少なくなり、
3月の日中の気温が
高くなったのではないかとのこと。

 

気温の変動について
気象庁のwebから調べてみました。

2021年3月28日気温(当日):
最低:-2.1℃
最高:10.1℃

 

1991年3月28日気温(30年前)
最低:-4.0℃
最高:1.0℃

気象庁 1991年3月の日ごと値

 

1961年3月28日気温(60年前)
最低:-3.8℃
最高:2.4℃

参考サイト:
気象庁 1961年3月の日ごと値

 

同じ日を30年毎に比較すると
最低気温がそれほど変わらず、
最高気温が大きく変動している
値が読み取れます。

気温の変動を比較にするには
より多くのデータが必要なので
あくまで参考の値ですが、
農家さんの話を裏付けるデータです。

農家さんによると
この日中の10℃という気温が
急速に凍土を温めるのだそうです。

という訳で、雪が少ない影響による
農作業の開始時期の遅延は
ここ十勝では無いようです。

 

 

正直、気候変動や温暖化の影響は
都市気候や計測場所周辺の環境変化が
大きいと思っていましたが、
同じ土地で60年以上農業をしている方が
昔よりも温かくなっていると言うなら
ここ十勝では事実なのだと思います。

問題はその原因ですが、
太陽や地球、ヒトの活動、
埋設しているメタンガスなどについて
紐解く必要があると思うので、
勉強した時にここで共有できればと思います。

 

 

とにもかくにも、
今年の秋も貴方の家庭の食卓に
十勝産の農作物が並ぶことを期待します。

じゃがいも、長芋、小麦粉、
大豆や小豆などの豆、
砂糖の原料になるてん菜など、
その多くが十勝産です。

よろしければ、食べて応援してください。

 

したっけぃ

 




 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-風景・景色
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.