自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

猟師のジビエ 至高の食材シカタン 弾力のある柔らさ、豊かに広がる味わい

更新日:

2018-02-09 No.231

 

広告

 

どうも、モーリーです。
今朝、外を歩くと、気温は-17℃でしたが微かな春の気配を感じられました。
日中は気温も1℃まであがり、太陽の光を受け温かくなる屋根から雪解けの水が滴り落ちます。
あと何度雪が降ったら、春が来るのだろう。

今回は先日とったエゾシカのタンの処理方法と味と食感を紹介します。
最高の食材です。

エゾシカのタン

ジビエ エゾシカのタン[2018.2.9エゾシカのタン とってから10日ほど熟成させていた 表面が乾いている]

エゾシカのタンです。
猟師だけが食べられる食材といえるかもしれません。
私が一番好きな部位でもあります。
他の猟師はあまり積極的に取りません。
もったいないといつも思います。

シカタンの処理方法

①根元を除去する

ジビエ エゾシカのタンの[ジビエ エゾシカのタン 根元の肉部分をとる]

解体時にシカタンを取り出す時に、根元の部分も一緒に取れます。
その根元の部分を除去します。
舌を触ると表面はザラザラしている。

 

②熱湯(100℃)で30秒ほど茹でる。

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン 熱湯で30秒ほどゆでる]

舌の表面のザラザラを獲るために、ザっと茹でます。

 

③水に浸し粗熱をとる

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン 熱湯で30秒ほどゆでたあとに水に浸し粗熱をとる]

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン 熱湯で表面を茹でたタンの断面]

 

④表面を取り除く

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン タンの表面を取り除いている過程の様子]

 

⑤処理完了

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン 処理が完了したエゾシカのタン 指で押すとズッと沈むほどに柔らかく、かつ弾力もある]

表面のザラザラを取り除き、処理は終了。
触るととても柔らかく、弾力も感じる。

 

シカタンの味と食感

ジビエ エゾシカのタン焼き[ジビエ エゾシカのタン 肉厚にスライスしたエゾシカのタン]

シカタンは至高の食材です。
クセがなくシンプルな肉の風味、そして舌の両脇まで広がる旨味。
柔らかさと、確かな弾力。

ジビエ エゾシカのタン[ジビエ エゾシカのタン 塩コショウでシンプルにいただく]

シカタンは一頭に一つだけの食材です。
貴重な食材といえます。
本当にご馳走さまでした。

 

したっけぃ

 

広告

 

広告

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, ジビエ, 美容と健康
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.