自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

冬の前のボート・カヌーのメンテナンス方法

更新日:

スポンサードリンク

 

2015-10-30

カヌー

カヌーをこの5年ほどやっています。

カヌーに乗ると川から陸を見ることになります。

普段とは違う視点で私たちの生活圏である「陸」を眺めることができるところが気に入っています。

以下のサイトに十勝でのカヌーの様子を紹介しています。

旧ハンター日記「十勝川をカヌーで川下り」

 

スポンサードリンク

 

ボードを干しました

カヌーのシーズンが終わり、シーズン終わりのカヌーメンテナンスを行いました。

所有しているカヌーはゴムと布製ですので、冬の前のメンテナンスは大切です。

しかし、ボートは重いし、空いてしまった穴を塞ぐのもなれていないと大変です。

メンテナンスといっても、難しい事ではありませんので、私は以下のようにやっています。

空気挿入

シーズン終わりではありますが、やっと空気ポンプを購入したので、その試運転も兼ねていました。

価格は\20,000-程度で、MADE IN TAIWAN。台湾製は信頼できますね。

車のバッテリーにつなぎ、空気ポンプ作動開始。

動作は上々で、今後はボートやカヌーの空気入れ作業がかなり楽になります。

この空気ポンプの良い所は、空気の出し入れができるところです。

人の手でボートやカヌーの空気を出し切るのは難しいのですが、この空気ポンプがあればボート内の空気を吸いきることが可能です。

デメリットは、ボート内気圧が高圧になるとそれ以上に空気が入らなくなるので、最後は人の手で空気を入れる必要がでてきます。

しかし、8-9割の空気挿入はできますので、この商品はありです。

日干し

日干しです。

湿っていたりする状態で冬を越すと、ゴムや布部の劣化が進んでしまいます。

しっかりと干しましょう。

写真では見にくいですが、空気と接し難い箇所には「新聞」を詰めて、乾燥を促します。

穴の修理

カヌーに穴が開いていましたので修繕しました。

自転車のパンクを修理する要領で、穴を塞ぎます。

1.穴の位置の特定(この作業が大変。川でカヌーに乗っていると音やブクブクしているので確認できます。確認した場所を覚えておき、上陸後にシールを張るなどして、穴あき箇所を忘れないようにしましょう。)

2.やすりで穴の周辺をかるく削る

3.ゴムのりを付ける

4.ゴムパッチを上から充てる

5.石などで圧着させる(半日)

6.乾燥するまで待つ(1日以上)

工程5まで終わった状態です。

以上、ボート&カヌーメンテナンスでした。

ハンター日記への訪問、ありがとうございます。

したっけぃ

 


スポンサードリンク




  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-アウトドア
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.