自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

芍薬(シャクヤク) 庭に咲く美しいく大きな芍薬を婦人病に効く万能薬に変える方法

投稿日:

2021-06-16 No.765

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

牡丹(ボタン)の花が咲き終わる頃
庭に芍薬(シャクヤク)の花が咲きます。

大きく綺麗な花で、この花が咲くと
北海道では季節は初夏を迎えるイメージがあります。

この美しい植物は漢字では芍薬と書きます。

名前に「薬」の文字が使用されるほど
昔から薬として利用されてきた歴史があります。

今回は芍薬の花を紹介します。

 

関連記事:
立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 ことわざの意味は薬草の効果を表す

 

芍薬とは

芍薬

[2021.6北海道十勝 芍薬(シャクヤク)の花]

芍薬(Paeonia lactiflora)

多年草で60cmほどの高さになる
ボタン科の大きくキレイな花を咲かせる植物です。

色も桃色、白色、黄色、青色など多様な色があります。

開花時期は5-6月。北海道十勝では6月中旬頃。

6月に咲くので結婚式のウエディング
ブーケに使われることもあります。

 

花言葉

芍薬

[2021.6北海道十勝 芍薬の大きく綺麗な花]

芍薬の花言葉は色によって変わる様です。

全般:「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」

桃色:「恥じらい」「はにかみ」

赤色:「威厳」「荘厳」

白色:「恥じらい」「満ち足りた心」

紫色:「怒り」「憤怒」

全般的には恥じらい・はにかみ等
女性を意識した意味になっています。

紫色は怒り・憤怒という、意味があって興味深いですね。

 

 

薬草としての芍薬

芍薬

[2021.6北海道十勝 芍薬のつぼみ]

元々は薬草として中国から移入しました。

漢方としては「芍薬甘草湯」「当帰芍薬散」が
重要な薬として利用されています。

江戸時代の頃から観賞用として改良され
品種は500種類以上あるとされます。

 

効能

主に血液を滋養し、婦人科系の働きを
整える働きがあるとされています。

・婦人病全般(生理痛・冷え性・月経不順・子宮治療・更年期障害など)

他には
・筋肉痛
・胆石
・かぜ薬
・皮膚疾患用薬

などが効能としてあげられます。

 

使い方

秋の頃(9-11月)に根を掘り出し
水洗いしてから日干しにします。

この乾燥した根を1日量3-6gを煎じて服用します。

また、白い花は砂糖に漬けて、
その溶液を一日に3-4回に分けて
服用すると子宮の諸症状に効くといわれています。

 

薬用酒として

今年の秋は芍薬の根を採って
ホワイトリカーに漬け、
薬用酒を作ってみようと思います。

作ったらここで紹介します。

 

参考サイト:
cookPad 冬の定番・薬用柚子酒(芍薬入り)

 

貴方も庭の芍薬を
観賞用としてだけではなく
薬としても利用してみてはいかがでしょうか。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-植物, 美容と健康
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.