自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

探検@ニセコ カエデの森 赤い葉と緑の花

更新日:

 

スポンサードリンク

 

2017-05-12 No.174

カエデの森

イタヤカエデ[2017.5.10北海道後志ニセコ町 イタヤカエデとシラカンバの林 赤く見えるのがカエデの葉]

北海道ニセコ町を歩いているとカエデの林を見つけました。
イタヤカエデというカエデです。
赤い葉が開き、緑の花が咲き、地面には多くの若木が育っています。
北海道ではよく見かける木ですが、本州ではどうなのでしょう。
本州はヤマモミジが多いのでしょうか。

 

カエデの花

イタヤカエデ[北海道後志 イタヤカエデの花と葉 緑色の花 葉は赤っぽいが、これから緑色にかわり、秋になるとまた赤くなります]

イタヤカエデの花と葉です。
花が緑色で、葉が赤っぽく、不思議な取り合わせです。
葉は夏にかけて緑色に染まり、秋になるとまた赤く黄色く染まります。
4ヶ月後の、9月には紅葉となります。
この4ヶ月の間にカエデは秋に播く種を作り、来春に開花と葉をつけるためのエネルギーを太陽と地面から得て、蓄え、冬を迎えます。
そんなサイクルを枯れるまで続けます。

イタヤカエデ[イタヤカエデの若木 林の至る所に若木が育っている ピンが来ていない悪い写真の典型…すみません]

カエデ林を歩くと至る所にカエデの若木が育っていました。
その多くは大きくなる前に枯死してしまいます。
立派な成木になれるのはごく一部です。

春になり北海道では多くの生物が生き生きと躍動しています。
貴方も私もこの季節を楽しんでいきたいですね。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 植物
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.