自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【食レポ】野菜際立つ地産地消 かっこう料理店

投稿日:

2018-12-18 No.328

北海道更別村[北海道更別村 かっこう料理店の前の畑の様子]

『北海道更別村。
畑の森の中にポツンとある小さな料理店。
かっこう料理店へ行っていました。』

食レポ記事です。

本記事の内容

・かっこう料理店の感想

どうも、モーリーと申します。

北海道でハンターをしています。
ハンターになった理由は美味しい食材を探すため。
獲りたてのエゾシカや山菜は最高です。
そんなグルメハンターからの食レポです。

 

畑の森の小さなレストラン

かっこう料理店の看板[かっこう料理店の看板]

私の住む帯広市から車で40分ほど走ると、
畑の中に小さな森が見えます。

クレソンが生える
小ささなせせらぎが流れ、
小鳥たちがさえずる中、
森の奥に木造の二階建ての
建物が見えます。

かっこう料理店[かっこう料理店の前を流れる小川 奥の建物がかっこう料理店]

今回は更別村の農家さんと
昆虫研究家の方と
ハンターの3名で来ました。

かっこう料理店は完全予約制

お昼は混んでいて予約できず、
13:30からと少し遅れてのランチです。

店内はあまり広くありませんが、
明るく掃除が行き届いた
綺麗な店舗です。

席は満席。

南向きの窓から
太陽の光が差し込み、
暖かいお店です。

 

とかちごはん

かっこう料理店では、
・やさいごはん 1,600円
・とかちごはん 2,000円
が、選択できます

とかちごはんには主菜が付きますので、
今回はとかちごはんにしました。

煮たらこと人参のきんぴら

煮たらこと人参のきんぴら[煮たらこと人参のきんぴら]

更別村のにんじんをきんぴらにして、
煮たらこを和えた品。

薄味に抑えつつも、
人参とたらこの美味しさを
一つにまとめている。

美味しい。

 

かっこうおでん

かっこうおでん[かっこうおでん]

寒い北海道では嬉しい品。

大根、黄色人参、ロール白菜、ごぼうちくわ、
長いも、自家製がんもどき、こんにゃく。

野菜はいずれも更別村産。

体の底から温まります。

 

野菜料理いろいろ

野菜料理いろいろ[野菜料理いろいろ]

・ニラとエノキ入りだし巻き卵

・根菜のネギ味噌かけ

・長芋とビーツのサラダ

・ヤーコンとカボチャのフライ

・北海道産タコの更別これ一本マリネ

地元の野菜がいろいろな料理で楽しめます。

特にヤーコンのフライが
食感が最高で美味しい。

 

土鍋ごはん

かっこう料理店 土鍋ごはん[土鍋ごはん]

土鍋ごはんは2種類から選択できます。

・ゴボウと肉味噌のご飯(北海道米 ななつぼし)

・雑穀入りかっこう畑のお豆ごはん(東川産 自然栽培米)

今回はゴボウと肉味噌のご飯を選びました。

お味噌汁(白菜となめことネギ)もつきます。

ゴボウと肉味噌のご飯[ゴボウと肉味噌のご飯]

蓋を開けると湯気が立ち込めます。

肉味噌とゴボウが最高にマッチして、
大変美味しくいただきました。

量も多く、
食べきれない場合は
おにぎりにしてテイクアウトも可能です。

 

主菜

主菜[放牧豚煮込み 焼き玉ねぎ]

忠類秦牧場の放牧豚煮込みと
焼き玉ねぎです。

ちょっと不満です。

放牧豚なので、
脂身は少なく豚の赤身部分が多く、
煮込むと柔らかく仕上げるのが
難しい食材です。

エゾシカもそうですが、
脂身が少ないお肉は、
ステーキが合います。

赤身の美味しさを表現するには、
煮込みよりも
ステーキです。

赤身の多い肉を煮込むと、
肉のスジスジ感が前に出すぎてしまいます。
歯と歯の間に肉の筋が詰まる感じです。

 

次回はステーキで食べてみたいと思います。

 

デザート

デザート[長芋豆乳寒天ときなこクッキー 有機宇治抹茶]

・無農薬生姜入り長芋豆乳寒天

・きなこクッキー

・有機宇治抹茶

特に、
無農薬生姜入り長芋豆乳寒天
が美味しいです。

甘さをおさえた豆乳の底の
小さくカットされた長芋が
ほどよい食感を与えています。

最後に、有機宇治抹茶が嬉しい。

 

感想

地産地消を真面目に実践しているお店です。

野菜の美味しさが、
際立つお店でした。

予約が取れない時もある
人気店の理由が分かりました。

訪問の価値ありです。

 

ごちそうさまでした。

かっこう料理店

貴方も十勝に遊びに来た時は、
地産地消を実践する
かっこう料理店へ
訪れてみてください。

季節によって内容は変化します。

私も春になったら、
また行こうと思います。

かっこう料理店WEBサイト

完全予約制です。
行く時は下記の電話番号へ。
0155-52-5180

 

お店の宣伝のような内容ですが、
あくまでモーリーの感想です。

 

貴方も美味しいものを食べて、
年の瀬を迎えましょう。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-食・料理, 美容と健康
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.