自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

キレンジャク【黄連雀】 毎年やって来ない理由と美しい羽の理由

投稿日:

2020-02-13 No.554

どうも、北海道十勝のハンター
モーリーです。

散歩しているとキレンジャクがいました。

キレンジャクは毎年見られる鳥ではなく
ここ数年、私は見ていませんでした。

今回はキレンジャクについてお届けします。

 

雀が連なる鳥

黄連尺
[2011.3北海道十勝 キレンジャク(ヒレンジャク含む)の群れ]

キレンジャク(Bombycilla japonica)は漢字で
【黄連雀】と書きます。

スズメのように団体で行動するので
『連なる雀』の意で【連雀】となり、
更に『尾が黄色い』ので
【黄連雀】と書きます。

西日本には尾の先が赤い
ヒレンジャク【緋連雀】が多いと聞きます。

北海道では
キレンジャク【黄連雀】が多く、
キレンジャクの群れの中に
ヒレンジャクが1羽2羽混じっている印象です。

 

キレンジャクは毎年はやって来ない

黄連雀キレンジャク
[2020.2北海道十勝 木の実をついばむキレンジャク]

北海道ではキレンジャクは
11月~4月頃まで見られます。

ですが、毎年やってくる鳥ではありません。

カムチャツカ半島や北アメリカ大陸で
木の実などのエサが豊富だと
日本まで渡ってこないようです。

ですので、日本で見かけたら
カムチャツカ半島や北アメリカ大陸の
木の実は不作なのかもしれません。

 

キレンジャクの3つの特徴

キレンジャクの特徴を
3つあげます。

1. 団体行動
2. 冠羽
3. 羽毛の滑らかさとテカり

かなと思います。

 

団体行動

キレンジャク
[2011.3北海道十勝 キレンジャクの群れ]

最初の画像でも紹介したように、
キレンジャクは団体行動する鳥です。

名前の由来もスズメのように
連なって行動するので【連雀】です。

 

冠羽

キレンジャク
[2020.2北海道十勝 キレンジャク]

冠羽とは鳥や恐竜種※の頭部にある、
長く伸びた羽のことです。

上記の画像のキレンジャクの頭の羽です。

有名な鳥だとヒバリにも冠羽があります。

※ちなみに最新の研究では恐竜も羽毛があり
冠羽があった種があるとされています。

 

羽毛の滑らかさとテカりがワックスのよう

キレンジャク[2020.2北海道十勝 特徴的な羽をもつ]

キレンジャクは
英名で" Japanese-waxwing"。

 Japaneseは『日本』、
waxwing『ワックス(蝋)』の意です。

ワックスの由来は
上記画像のキレンジャクの
背中に赤い部分が見えます。

この赤い部分が蝋状らしく、
それが由来と言われています。

 

しかし、私からみると違いますね。

キレンジャクを近くでみると、
他の鳥と違ってその羽毛の滑らかさや
テカり具合が断然違います。

羽毛がワックスをかけたように
キレイで輝いているのです。

だからwaxing(ワックス)の
名の由来だと勝手に思っています。

 

 

今年はキレンジャクの当たり年です。

あなたも双眼鏡とカメラを持って
散策に出かけてみてはいかがでしょう。

ゴールデンウイーク前まで、
運が良ければ見られます。

 

したっけぃ

 

関連記事:
キレンジャク 尾が黄色い北半球を飛翔する鳥

ヒレンジャク 尾っぽの先が赤い日本好き

 

冬はスズメの餓死が多い時期です。
スズメ用に下のお米をどうぞ。

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-鳥類
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.