自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

雪は断熱材?! 雪が降ると農家は嬉しい話

更新日:

2020-02-07 No.553

北海道十勝でハンターをしている
モーリーと申します。

2020年の今冬は
全道的に雪の少ないシーズンです。

札幌の雪まつりも雪集めが大変だったと聞きます。

十勝は他の北海道の地域と比較すると
更に雪が少ない土地柄。

そんな十勝にも1月30日と2月4日から5日にかけて
断続的に雪が降り、ようやく畑に雪が積もりました。

 

雪は畑の凍結を防ぐ断熱材

雪景色
[2020.1北海道十勝 雪景色]

雪は断熱材

1月30日と2月4日頃に合わせて50cmほどの雪が降り、
十勝もようやく雪景色となりました。

十勝は農業が基幹産業ですが、
特に畑作を主にする農家にとって
雪はとても大切な要素です。

なぜか?

雪は断熱材だからです。

雪は畑に積もると冷気から土を守る
断熱材の役割を果たします。

十勝は北海道の中でも特に寒い地域で
-20℃を超える日もあります。

雪はそんな冷気から畑を守るのです。

 

春の畑作作業のスタートダッシュ

春の畑作
[2018.5北海道十勝 春のトラクター作業]

畑が冷気に晒され奥深くまで凍結すると
翌春の畑作作業の開始が遅れます。

畑作作業の開始の遅れは
秋の収穫の減少に影響します。

降雪は畑の凍結を防ぎ、
翌春の農作業のスタートを
円滑に進めてくれる
大切なファクターなのです。

 

凍結する長芋

長芋
[2019.9北海道十勝 更別村の長芋]

雪が降らないと
畑に埋めて保管している
長芋が土の中で凍結し、
食用に適さなくなります。

凍結した長芋の分も保険は出るのですが、
全額分は出ません。

さらに、凍って食用にならなくなった
長芋であっても
春には掘り出さなくてはなりません。

作業は減らず、収入だけが減ります。

農家にとって雪が降ることは
本当に大切なことなのです。

 

積雪50cm
[2020.1北海道十勝 積雪およそ50cmほど]

やっと雪が降った2020年の冬ですが、
降る時期が遅すぎました。

来春の農作業の開始時期や
長芋やジャガイモの凍結が心配です。

実は昨年度も雪は少なく、
農作物の収量が危惧されましたが、
5-6月頃に高温になった時期もあり
収量はリカバリーできました。

2020年はどのような年になるのでしょうか。

一緒に混迷の2020年をウォッチしていきましょう。

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-風景・景色
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.