自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

トンボの幼生 オニヤンマのヤゴは川の中

更新日:

2019-04-30 No.391

トンボは水の中で生まれ育ち、
繁殖のために羽化して空を飛び、
恋をして交尾して、沼や川に卵を産み、
死んでいきます。

水の中で生活するトンボの幼生を
ヤゴといいます。

日本最大のトンボ、
オニヤンマのヤゴを見かけたので
その様子をお届けします。

 

トンボの幼生ヤゴ

早春の北海道山林[2019.4北海道十勝 早春の北海道十勝の山林と小川]

春の山林で山菜を採っていると、
小さな流れがありました。

なにかいないか探してみると、
大きなヤゴがいました。

 

オニヤンマのヤゴ[2019.4北海道十勝 緩やかな流れにいたオニヤンマのヤゴ]

川の砂泥に溶け込こんでおり、
うまく隠れています。

大きさは3-4cmです。

そっと手に取ってみました。

 

オニヤンマのヤゴ[23019.4北海道十勝 オニヤンマのヤゴ]

手に取ってみると、
やはり昆虫らしく外骨格に囲まれ表面は硬く、
背中には羽化後に羽になる部分も見えます。

オニヤンマはヤゴの状態で
5年間ほど川の中で過ごします。

このヤゴは大きさからみて、
今年羽化する個体かもしれません。

そういう個体を終齢幼虫とよびます。

 

ヤゴの動画

動画を撮ることができましたので
簡単なコメントを付けて
youtubeにアップしました。

よろしければご覧ください。

動きが分かるので、
やはり生物は写真よりも動画の方が
良いですね。

今年は動画も積極的に撮影していこうと思います。

 

トンボの成虫

トンボ[2013.7北海道十勝トムラウシの山中 トンボ(ギンヤンマ?)成虫]

オニヤンマの写真がないので、
他のトンボの画像を載せます。

ギンヤンマかなと思いますが、
捕まえて胸や腹や羽の色や形を見てみないと
よく分かりません。

大きさや形からトンボの中の
ヤンマの一種だと思います。

ちなみに、トンボはこの角度からだと逃げにくく、
背中から全体を撮影しようと回り込むと逃げてしまい、
うまく撮影ができません。

難しいものです。

 

イトトンボの仲間[2017.7北海道後志 イトトンボの仲間]

こちらのトンボはイトトンボという
主に池や沼、田んぼ周辺に生息する
トンボの仲間です。

ヤンマの仲間に比べて細く小さいですが、
見ていて飽きない可愛いトンボです。

 

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-昆虫類
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.