自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

エゾシカのお肉 これからは赤身の時代

投稿日:

2019-09-27 No.467

ご訪問いただきありがとうございます。
北海道十勝のハンター
モーリーです。

春先に獲ったエゾシカ肉を
解凍して食べました。

半年近く冷凍したので、
味の劣化が心配でしたが、
どうなったのでしょうか。

今回はエゾシカ肉について
ご報告申し上げます。

 

 

エゾシカ肉

エゾシカのモモ肉[エゾシカ肉(モモ)]

今年の春(昨シーズン)に獲った
エゾシカ肉のモモ肉です。

半年も冷凍していたので
味が劣化しているかと
思いましたが、
美味しくいただけました。

美味しいジビエを食べる時は
普段は「麦とホップ」派の私も
「サッポロクラシック」に転向です。

 

エゾシカ肉は低カロリー高たんぱくの代名詞

エゾシカ肉[赤身が多く脂肪が少ないエゾシカ肉]

エゾシカ肉は
赤身が多く脂肪が少ないのが
エゾシカ肉の特徴です。

まさに低カロリーの高たんぱく。

現代の私たちにとって
まさに必要なお肉といえます。

適切に処理されたエゾシカ肉の味は
臭みがありません。

そして、
一口食べると
エゾシカたちが山や川を
躍動する様な味わいが
舌全体に広がります。

ブラボーーー!!!

これまでは
霜降り肉に代表されるように
脂肪を有難がる風潮が
ありましたが、

これからは赤身の時代!

そして赤身の代名詞は
エゾシカ肉なのです!!

貴方もエゾシカ肉を食べて
健康寿命を延ばしましょう。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-食・料理, ジビエ
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.