ヒグマのお肉 熊肉は臭くてまずい!?

更新日:

2019-09-26 No.466

ご訪問いただきありがとうございます。
北海道十勝のハンター
モーリーです。

先日、先輩ハンターから
ヒグマ肉を分けて貰いました。

焼肉で食べました。

 

ヒグマの肉

ヒグマ肉ブロック[2019.9北海道十勝 ヒグマ肉(あばら)]

これが熊肉、ヒグマの肉です。

あばらの部分です。

焼肉で食べましたが、
臭みはなく
ほのかな野性味と
甘さすら感じる味です。

 

ヒグマは臭くまずいのか?

ヒグマの肉[2019.9北海道十勝 ヒグマ肉の赤身と脂肪]

熊肉は美味しくない、
臭い、
というイメージが
世間にはあります。

私もそうでした。

昔の週刊少年ジャンプ連載作品
『銀牙-流れ星 銀-』において
猟師竹田のジッサマが
幼い銀に熊肉を食べさせて
そのまずさと臭さに
幼い銀が吐き出すシーンが
描かれています。

流れ星銀は大好きな作品ですが、
あれは誤解を招くシーンだと
猟師の今なら思います。

確かに昔の熊肉は臭かったと思います。

なぜか?

クマを撃ってから冷凍保存する時間が
今と比較して圧倒的に時間がかかって
いたからだと思います。

美味しいお肉とは
獲ってから
素早い血抜き
素早い解体
素早い冷凍保存
が大切です。

獲ってから時間が経てば経つほど、
雑菌が増え、肉の味を落とします。

素早く処理さえできれば、
ヒグマであれ、エゾシカであれ
美味しいのです。

逆に処理が下手ならば、
極上のしもふり和牛でも
臭く、不味くなるでしょう。

 

美味しいお肉とは
獲った後の処理のスピードが
重要なのです。

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-食・料理, ジビエ
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.