自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

山のアボカド「タラの芽」 下処理して天ぷらでいただく

更新日:

2019-05-14 No.394

どうも、モーリーです。

山菜の王様と呼ばれるタラの芽ってきました。

タラの芽とはタラノキの若芽のことです。

アクもなくクセもなく、
もっちりとした食感の山菜で、
かつ茎の部分はやや硬い食感で、
かつ濃厚な菜の風味を感じられます。

個人的に昔からアボカドに似ているなと感じていました。

自分の中ではタラの芽のことを山のアボカドと呼んでいます。

そんなタラの芽についてお届けします。

タラの芽の下処理

タランボの芽[2019.5北海道十勝 タラの芽をザッと洗う]

タラの芽は樹上にあり、
汚れにくい山菜です。

虫や寄生虫が付いているケースを聞いたことがありません。

ですので、水道でザッと洗うだけで良いと思います。

ちなみに、
ギョウジャニンニクやコゴミ、ウドなどの
地面から生える山菜は
虫や寄生虫の恐れもあるため、
しっかりと洗う必要があります。

 

タランボの下処理[2019.5北海道十勝 タラの芽の下処理 左がハカマ取り前 右がハカマ取り後]

タラの芽の下処理はほぼ不要ですが、
この根元のハカマと呼んでいる部位は硬いので、
除去しています。

簡単に取れます。

タラ芽の下処理といえば、
こんなものです。

採取は硬いトゲが無数にあり大変な山菜ですが、
採ってしまうと、その後は非常に楽な山菜です。

この処理の楽さも王様の所以でしょうか。

 

タラの芽の天ぷら

タランボの天ぷら[2019.5北海道十勝 タラの芽の天ぷら]

タラの芽の天ぷらです。

この日は天ぷら粉がないため、
薄力粉と卵で天ぷらの衣を作りました。

所詮野菜なので生で食べても問題なく
火の通りはあまり意識せず、
大きなタラの芽でも、
180度の温度で2分ほどで十分です。

もっちりとして、
かつほのかな噛み応え、
若芽の息吹を感ぜられる芳醇な味わい。

山菜の王様と呼ばれる所以ですね。

貴方も美味しい野菜を食べて、
健康第一で日々をお過ごしください。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-山菜
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.