自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ウズムシ(プラナリア) きれいな流れに棲む脅威の再生生命体

更新日:

2019-09-14 No.454

ご訪問いただきありがとうございます。
北海道十勝のハンター
モーリーです。

川をよく見るとウズムシがいました。

ウズムシはプラナリアとも呼ばれます。

切断されてもされても再生する生物として
学校の授業で聞いたことがあるかもしれません。

その生物を見つけたのでご報告いたします。

 

ウズムシ

ウズムシ プラナリア[2019.9北海道 ナミウズムシ(プラナリア)Dugesia japonica]

ウズムシは基本的に川に生息しています。

陸や海にも生息する仲間もいます。

私はこの生物が好きで、
見つけるとついつい撮影したり
切断したり(ごめんなさい)
してしまいます。

日本でよく見かけるウズムシは
ナミウズムシという種ですが、
よく分からないのでここでは
ウズムシとしています。

 

ウズムシの目[2019.9北海道 ウズムシ(プラナリア)の顔 目がついているのが見える]

ウズムシの目はとても原始的な目で、
光を感じる程度の機能だそうです。

意外と肉食性でカゲロウの幼虫や
イトミミズやユスリカなどを食べています。

 

ウズムシの動き回る様子を
動画で撮影しましたので
よろしければご覧ください。

 

 

これからも生き物系の動画をあげていくので
よろしければチャンネル登録も
よろしくお願いいたします。

将来的には「野生の王国@北海道」のような
チャンネルになる予定です。

 

したっけぃ

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-水生生物
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.