自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ザリガニ動画 ニホンザリガニの水歩き

更新日:

2019-10-03 No.473

ご訪問いただきありがとうございます。
北海道十勝のハンター
モーリーです。

ある川の源流を目指して
沢登りしていると、
脇の小水路で
二ホンザリガニを見つけました。

最近は小粒な
二ホンザリガニばかりを
見ていたので、
久しぶりの大物です。

 

二ホンザリガニ[2019.10北海道十勝 二ホンザリガニ]

ザリガニ
学名:Cambaroides japonicus

ニホンザリガニの正式和名は
ザリガニです。

ここではニホンザリガニと記します。

日本だけに生息する
日本の固有種です。

かつては日本中に
生息していました。

今では数が激減し
環境省が絶滅危惧種に
指定される状況にまで
になっています。

減った理由は
河川工事の影響による生息環境の減少、
ウチダザリガニによる侵略など
色々な理由があると思います。

残念ながら
莫大な予算を持つ環境省も
徒手空拳のモーリーも
有効な手段を打てません。

一度入ってきた生物の流入を
阻止・駆除することは
とても難しいことなのです。

ウチダザリガニしかり、
オオハンゴウソウしかり、
アライグマしかりです。

ニホンザリガニはせめて
山奥の厳しい環境で生き抜いて
欲しいと思います。

元々そこに住んでいた生物が
山奥に追いやられることは
理不尽なことと感じますが、
生物の世界はまさに適者生存、
弱肉強食なのです。

良いも悪いもなく、
その環境における
適者生存なのです。

 

ザリガニが水底を歩く様子を
撮影できました。

あまり動きも素早くないので
見つけてしまえば、
捕まえることは
難しくはありません。

 

本当は捕まえて
素揚げにして
食べたいところです。

でも、それは将来
ニホンザリガニの数が増え、
至る所に生息環境ができた時の
楽しみにとっておこうと思います。

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-水生生物
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.