自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

暑すぎ北海道 北海道のサンディゴ?と言われる泊村に行って泊丼を食べてきた

更新日:

2021-08-03 No.779

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

2021年夏、北海道は苛烈な暑さの中にあります。

そんな中避暑を兼ねて、泊村に行ってきました。

泊村は北海道のサンディエゴ
とも言われています(私の自称)。

泊村は北海道の西海岸にある
海と食が豊かな人口1700人の小さな村です。

また、原子力発電所があることで有名な村です。

元々は炭鉱の町で、今は漁業も重要な産業になっています。

地元や近隣の住民の方々は原子力発電の隣になる海岸で例年海水浴を楽しんでいます。

私も泊村に立ち寄った時はここでタモ網で魚を採ったりして海岸で遊んでいる方々に魚やヤドカリを見せて遊んでいます。

また、この村には美味しい食堂もあります。

そんな泊村についてお届けします。

 

泊村のビーチ

海水浴

[2021.7北海道泊村ビーチ 暑く短い北海道の夏を楽しむ家族やカップルたち 小さな幸せの時間]

北海道の短く暑い夏を楽しむ人々が
泊村のビーチを訪れています。

泊村は静かで穏やかな村です。

比較的札幌からも近く、
車で2時間ちょっとです。

泊村の近くにあるニセコや倶知安町での
仕事が終わった時は、時より立ち寄る村です。

目的はこの浜辺でのんびりすることです。

この時は浜辺に人がびっしりでしたので
早々に退散しましたが、
十勝にはない日本海を一目見られて感謝です。

十勝の海は太平洋ですから、日本海は珍しい海なのです。

海の生物

[2020.8北海道泊村 浜辺で採れる生き物たち]

これは浜辺で採れた生物を
撮影したものです。

海らしいカラフルな魚やヤドカリ、
下にはヒラメ?カレイ?がいます。

こんな海の生物も簡単に採れます。

豊かな海であることが分かります。

 

 

 

平安荘 泊丼

泊村の穏やかで豊かな海で採れた幸を
いただけるのがビーチのすぐ隣にある
食堂 平安荘 です。

平安荘の名物は泊丼です。

 

泊丼

[2021.7北海道泊村 泊丼]

泊丼です。

エビ、タコ、マグロ、ホタテ、サーモン、カツオなどなどボリューム満点な海の幸を豪快に盛り込んだ丼。

1050円成り。

このお店の一番人気メニューです。

この日は泊丼どか盛(2000円)を頂きました。

 

泊丼

[2021.7北海道泊村 泊丼どか盛 2000円成り]

全容はボリューム満点の泊丼とソーメンとお豆腐もついてます。

見た瞬間食べきれる自信がありませんでした。

 

泊丼

[2021.7北海道泊村 泊丼]

新鮮な海の幸がこれでもかと使われています。

 

泊丼

[2021.7北海道泊村 完食した泊丼]

なんとか完食しました。

残念ながらソーメンは残してしまいました。

ごちそうさまでした!

関連サイト:
泊村のお食事処 平安荘

関連記事:
アポイ岳の各ポイントや盗掘問題、アポイ岳ファンクラブ、2021年の高山植物の見頃など

↑日本海を望むアポイ岳登山の記事です^^

 

 

北海道の小さな、そして豊かな泊村からでした。

暑い夏、体調に気を付けてお過ごしください。

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-食・料理, 旅・観光・温泉
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.