自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

10羽のオオワシ 十勝川の段丘林のとまり木

更新日:

2015-12-17 No.49

スポンサードリンク

 

オオワシの止まり木

十勝川でオオワシを撮影してきました。
場所は十勝川中流部の千代田新水路。

stellers'seaeagle[十勝川左岸の段丘林 黒と白の体色が遠くからでも確認できるオオワシ]

昼頃に十勝川千代田新水路へ行くと平日にも関わらず、
オオワシやオジロワシの撮影のためか車が5台ほどありました。

関心の高さがうかがえます。
双眼鏡でオオワシやオジロワシを探すと、
対岸の段丘中腹の林にオオワシがまとまってとまっていました。

 

上の画像の中に何羽のオオワシがいるかわかるでしょうか。
答えは、このページの最後で。

この日、十勝川で19羽のオオワシを確認しました。
オオワシの全世界での総個体数は4600-5100羽と推定されています。(IUCN,2013)
この内、日本では北海道東部を中心に1400-1700羽が分散して越冬します。
残念ながら、減少傾向にあります。
世界でも貴重なオオワシをここでは19羽もみることができます。

 

スポンサードリンク

 

ワシのなる木

十勝川中流部にある千代田新水路沿いにドロノキ(ドロヤナギ)があり、
その木にオジロワシやオオワシが20羽以上とまっている様子を見たことがあります。
2012年頃だったと思います。
ここ数年は、そのような状況は見られなくなってしまいました。
理由はわかりません。
ここ数年は段丘林にとまり場を移動したようです。

 

10羽のオオワシ

stellersseaeagles

この画像には10羽のオオワシがいます。
分かりましたか。

天然記念物であり、
世界に5000羽程度しか生息しないオオワシを、
一枚の写真で10羽も撮影できる場所、
十勝はそんな環境を有する土地です。

貴方も、十勝まで遊びに来てください。
オオワシやオジロワシ、タンチョウにいつでも会う機会が持てます。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 鳥類
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.