自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

サケの遡上 母川回帰と栄養循環

更新日:

2018-09-13 No.285

どうも、モーリーです。
このブログへのご訪問、ありがとうございます。

9月も中旬を迎え、
北海道の山々ではナナカマドが赤い実をつけ、
川ではサケの姿を見かける時期になりました。

先日、十勝の南部広尾町に流れる川でサケの姿を見かけました。

今回はそんなサケの様子を紹介します。

サケの遡上

[2018.9北海道十勝 猿留川にてサケの遡上の様子]

北海道は秋を迎え、サケの遡上の時期です。
十勝では8月末からサケの姿を河川で見かけることができます。

サケの遡上は
北海道の風物詩ともいえる風景ですが、
サケを見られる場所は案外少なく、
秋に北海道に来ればどこでも見られる訳ではありません。

道東(十勝や知床、釧路など)の河川で多くみられます。

札幌を流れる豊平川でも見られるようです。
以前、札幌に3年ほど住んでいたことがありますが、
私は見たことがありません。

母川回帰 

サケが遡上する河川[2018.9北海道十勝 猿留川]

サケは川で生まれ、
海に降海し成長し、
生まれた川に戻り産卵し、
死んでゆきます。

サケが生まれた川に帰ることを
母川回帰といいます。

広大な海に出たサケがなぜ母川に帰ってくるのか?
諸説ありますが、生まれた川のにおいで判断していると聞きます。

広大な海の中で生まれた川のにおいが分かるように思えませんが、
本当のところはどうなんでしょうか?

生き物の不思議です。

サケが遡上する河川[2018.9北海道十勝 猿留川 透明度の高い美しい川]

 

栄養循環 森と川と海をつなぐもの

サケの遡上[2018.9北海道十勝 広尾 シロザケ 雄のように見える]

サケは川で生まれ、
海で育ち、
川に帰り死んでゆきます。

これは海の栄養を陸に運んでくることを意味します。

海の栄養を体に携えて
川で死んでゆくサケは
ヒグマやキタキツネ、オジロワシやオオワシの栄養となります。

それらの動物のエサとなり、
糞となり、
樹木や昆虫類の栄養につながります。

栄養循環です。

豊かな海の栄養をサケを通じて取り込むことで、
北海道は豊かな自然を維持しているのです。

サケの遡上[2018.9北海道十勝 広尾 シロザケ 雄のように見える]

 

サケが戻ってこられる川を維持するのが
私の仕事の一つだと思っています。

このブログを通じて、
自然環境の維持と創造、
人の生産活動による環境破壊、
その折り合える着地点を
貴方と共に
探していければ幸いです。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 魚貝類
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.