自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ネズミ駆除 冬の北海道の場合

更新日:

2019-01-22 No.358

ネズミ[北海道十勝のとある物置にいたネズミ]

家や物置にネズミがいた時の
対処方法について記します。

本記事の内容

・ネズミの対処

どうも、モーリーです。

物置に置いてある
スズメ用のくず米の中にネズミがおり、
捕まえて殺処分しました。

 

キタキツネやエゾシカの駆除は
猟友会として参加しています。

ネズミの駆除も、
野性動物と人の関わりの一環だろうと思い、
紹介します。

 

ネズミの対処

ネズミ[米袋の中のネズミ]

主に冬の間、
私はスズメにエサをあげています。

くず米です。

物置に置いてある
そのくず米の中に
ネズミがいました。

サイズも小さく可愛かったのですが、
米を食べられるのは嫌なので
殺処分にすることに。

 

ネズミ捕獲[暴れるネズミ]

ネズミは不衛生で、
噛む可能もあるため、
革製の軍手を着用してネズミを捕獲します。

 

ネズミの殺処分[雪の中のネズミ]

どのように殺処分するかというと圧雪

雪山に穴を作り、
その穴に放り込みます。

 

ネズミの殺処分[雪に埋まったネズミ]

穴に雪をかぶせて固めます。

圧雪による酸欠か低体温で死亡します。

 

ネズミの殺処分方法は色々とあります。

祖母から教えてもらった方法は、
・バケツの中に罠ごと入れて溺死
・ビニール袋に入れて車の排気ガスに括り付け排ガス死
などです。

両方とも水を用意したり、
車のエンジンをかけたりと
手間がかかりますが、
圧雪は楽な方法で
ネズミも比較的苦しませずに殺処分できます。

大学や医療機関で利用するマウスを殺処分する時は、
首の骨をキュッと折って即死させるようで、
この方法が一番安楽に殺処分できる方法だと思います。

 

残酷だと思われるかもしれません。

私自身も残酷で野蛮だなと思います。

しかし、食料自給率1200%の北海道十勝は
キタキツネやエゾシカ、ネズミたちが起こす農業被害と
どのように折り合いをつけていくのかという問題を
常に問われている土地です。

きれいごとだけでは生活できない、
試される大地なのです。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-哺乳類
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.