自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

プラナリア 無限の寿命 無限の分裂

投稿日:

2018-07-30 No.262

 

広告

 

どうも、モーリーです。
地元の小学校も先週から夏休みに入りました。
今年の北海道十勝は曇りの日が多いのですが、
晴れる日もちらほらあります。

北海道の夏空[2018.7北海道十勝 夏空]

気温は25度を超える程度です。
一緒にいた方が「かすかに秋の気配も感じられる」と言っていましたが、
そんな空です。

そんな中、川で遊んでいるとプラナリアがいたので紹介します。

 

広告

 

プラナリア

プラナリア(ウズムシ)[2018.7北海道十勝 プラナリア]

プラナリア(Tricladida)、
日本ではウズムシと呼ばれています。

体に毛があり、
その毛の運動により渦ができることから
「ウズムシ」の由来となっています。

大きさは、長さが1cmほど。

川の石の裏や、
落ち葉や枝などに隠れています。

今回は動画を撮影したので紹介します。

ウニョウニョと川底を動き回ります。
動き回りながら、魚の死骸や水生昆虫などをエサとして探しています。

以前捕まえた時にも記事にしているので参考にしてください。

プラナリア エヴァもビッックリ驚異の再生力

 

プラナリアの目

プラナリアの目[プラナリアの目]

上記画像でプラナリアの目を紹介しました。

プラナリアは目がとても悪く、
光を感知する程度の能力しかありません。

エサを探す時は
匂いで探していると思われます

 

プラナリアの再生力

[プラナリアの分裂再生実験 中央上で赤く動くのはユスリカ]

プラナリアには驚異の再生力があります。
上の動画はカッターで分裂させてみた動画です。

頭の方が活発に動いています。
体の方は動きが鈍いですね。

二つに分裂させても、
両方ともに再生し、生きています。

記憶も両方ともに保持し、
分裂の可能回数は上限がありません。

条件さえよければ、
無限に分裂再生し、
永遠に生き続けることが可能です。

プラナリアを100分割した実験で、
100個体に再生したとの実験報告もあります。

プラナリアは驚異の能力を持つ生物なのです。

 

子供たちは夏休みに入りました。

子供達を連れて川に遊びに行ってきて下さい。
貴方の足の石の下にプラナリアたちがいるかもしれません。
そして、川の面白さ、危険さを貴方から伝えてください。
一番の学びとなるでしょう。

したっけぃ

 

広告

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 水生生物
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.