自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

オケラ 穴を掘る、水上に泳ぐ、空を飛ぶ 大食漢

投稿日:

2018-07-25 No.259

 

広告

 

どうも、モーリーです。
川のほとりを歩いているとオケラが歩いていました。
早速捕まえました。

オケラは正式にはケラと呼ばれています。
普段は地中で生活していますが、
川の近くの湿った地面や
夏の夜、林近くの街灯周りでもその姿を見かけます。

今回はオケラを紹介します。

 

広告

 

ケラ

穴を掘るオケラ[2018.7北海道十勝 ケラ]

オケラは正式和名はケラGryllotalpa orientalisです。

歌「手のひらを太陽に」でお馴染みですね。
『ミミズだって オケラだって アメンボだって
みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ』
のオケラです。

オケラの行動可能範囲は凄いんです。

穴を掘る

ケラが穴を掘る様子を撮影しました。
グイグイと地面を掘り進んでいる様子がわかります。

オケラの前足[2018.7北海道十勝 ケラの前足 細かい毛が生えている 地面を掘るため、力が非常に強い]

地中を掘るケラの前足です。

ケラを手で持つと、
指の間に隠れようと、
指を押しのけようとします。

その力の強いこと強いこと。

貴方もケラを見かけたら、
そっと手に持ってみてください。

その力強さを、
生命の力強さを、
感じられます。

 

水上を泳ぐ

水面を泳ぐ様子を撮影しました。
ゲンゴロウのように、
スイスイと素早く水面を泳ぐ様が見て取れます。

 

空を飛ぶ

オケラの羽[2018.7北海道十勝 ケラの羽]

ケラは空も飛びます。
夏の夜、街灯の近くで姿を見かけることがあります。

そんなケラたちは
地中から這い出して
街灯まで飛んでやってきます。

探すポイントは街灯の直下ではなく、
街灯からやや離れた地面の上です。
アスファルトではなく土の上を探してください。

 

地中を掘り、
水上を泳ぎ、
空を飛ぶ、
その行動範囲は地球上のすべての生命の中でも
トップクラスかもしれません。

そんなすごい生物がケラです。

 

大食漢

オケラのエサのミミズ[2018.7北海道十勝 庭の畑のミミズ オケラのエサになる]

ケラは大食漢です。
雑食性でなんでも食べます。
植物の根っこや種子、
小さな昆虫やミミズです。

地中を掘る重労働を支えるため、
大量の食べ物が必要です。
水分やカロリーがなくなると
一晩で餓死してしまいます。

 

飼育

実は飼育してみました。
調べてみると簡単そうなので飼育したのですが、
一週間で死んでしまいました…。
水槽に水苔で環境を作り、
ニンジンや煮干しを与えてました。

が、一週間後動かなくなっていました。
申し訳ないことをしてしまった。

生き物を殺すのは、
食べるためのエゾシカやカモだけで十分です。

無駄な殺生をしてしまいました。
ごめんなさい。

 

貴方は最近何かを殺生しましたか。
認識がないかもしれませんが、
スーパーでお金を払って野菜やお肉を買うのは
殺生をしていることと同義なのかもしれません。

野菜やお肉をいただく時、
命をいただいていると感じて
いただこうと思います。

 

したっけぃ

 

広告

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 昆虫類
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.