自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【一眼レフカメラを始めよう】鳥や動物を撮る望遠レンズについて

更新日:

2020-07-03 No.618

お仕事お疲れ様です。

カメラが趣味の
北海道十勝のハンターのモーリーです。

2006年10月14日に
一眼レフカメラを初めて買いました。

2015年からは撮影した画像を使い
このブログで北海道の景観や野生動物を
紹介しています。

あまりカメラに詳しくはないのですが、
仕事で野生生物の撮影をする機会も
多いことから、
野生生物を撮影する際の
ポイントかなと感じていることに
ついてお届けします。

 




 

カメラマンとハンターは似ている

 散弾銃

[散弾銃(ハーフライフル) レミントンM870]

一眼レフで撮影を始めたのは2006年から。

狩猟を始めたのは2015年から。

狩猟を始めて感じたのは、
野生動物の撮影と狩猟は
似ているかもということ。

狙うターゲットを探すこと、
見つけたら迅速な行動が必要なこと、
の二点が特に似ていると感じています。

野生動物や野鳥の撮影は、
距離
・探し出す粘り
・タイミング

の3つが大切だと思います。

 

距離は『望遠レンズ』で対応。

探し出す粘りは『携帯性』で対応。

タイミングは『オートフォーカス』で対応。

かなと思っています。

今回は望遠レンズに焦点を絞って
話をすすめたいと思います。

 

次回以降に、
携帯性とオートフォーカスについて
お届けする予定です。

 

距離は望遠レンズで対応

野鳥や野生動物は
人を近寄らせてくれません。

小さな野鳥なら10m以上、
大きな野生動物なら30m以上が
出会える距離で多いような気がします。

言わば、野生生物と私たちの
ソーシャルディスタンスという訳です。

距離があるので、
野鳥や野生動物の撮影には
望遠レンズは必須です。

300mmか400mmの望遠レンズでも
ある程度の撮影は十分可能だと思います。

以下に10mm、24mm、
70mm、300mmで
同じ場所を撮影した画像を添付します。

広角レンズ及び望遠レンズ倍率参考画像

10mm(針葉樹林)

倍率参考画像10mm

[倍率参考画像10mm]

24mm(針葉樹林)

倍率参考画像24mm

[倍率参考画像24mm]

70mm(針葉樹林)

倍率参考画像70mm

[倍率参考画像70mm]

300mm(針葉樹林)

倍率参考画像300mm

[倍率参考画像300mm]

10-24mmと
70-300mmでは
レンズもカメラも違うので
絵の質が変わっていますが、
倍率の参考にはなると思います。

10-24mmは広角レンズなので
北海道らしい広々とした景観の
撮影に向いているレンズといえます。

70-300mmは望遠レンズなので、
ターゲットを狙って
拡大撮影できるのが分かると思います。

 

ちなみに、
設定やフィルターによって
緑の色がこれだけ変わるのも
カメラの醍醐味と言えます。

 

70mm(樹木)

倍率参考画像70mm

[倍率参考画像70mm]

300mm(樹木)

倍率参考画像300mm

[倍率参考画像300mm]

こちらも70-300mmの
望遠レンズで撮影した樹木の画像です。

距離にして私から
30mほどだったと思います。

300mmだとこの程度まで望遠できます。

 

野鳥撮影画像

次に70-300mmで
オオワシを撮影したので
画像を添付します。

300mm(樹上のオオワシ)

樹上のオオワシ

[300mm 樹上のオオワシ]

このオオワシとの距離はおよそ200mほどだったと思います。

上記画像が撮影したそのままです。

この画像をブログ用にトリミングすると以下のようになります。

樹上のオオワシ

[ブログやSNS用にトリミングした画像]

300mm シマエナガ

300mm シマエナガ

[300mm シマエナガ]

シマエナガ

[上記画像をトリミングしたシマエナガ やや輪郭がボケている]

このシマエナガとの距離は
12-3mほどだったはず。

 

300mmのレンズで
このくらいの画像になります。

撮影した画像を家に持ち帰って
撮った鳥の種類を調べることは
300mmでもある程度は大丈夫だと思います。

以下のレンズはニコン製になります。

性能とコスパのバランスが
極めて優れた製品だと思っています。

ただし、ボディを選ぶ際に
注意が必要な製品でもあります。

 

 

格好いい画像をSNSに載せたり、
写真展に展示したいとなると、
600mmくらいの望遠レンズが
欲しいところかもしれません。

ただし、でかく重いので
山や現場を歩きながらの
撮影にはやや不向きになります。

しかし、
良い絵が撮れるレンズであることは
間違いありません。

 

2020.7月現在、
評判の良いレンズは
ソニーの600mmの望遠レンズでしょうか。

価格は250,000円ほど。

レンズについては、
どのメーカーのボディを所有するのかを
最初に考える必要があるため、
本体については次回以降に更新します。

 

 

 




 

私のレンズとカメラ

参考までに、
私が所有しているレンズとカメラを紹介します。

ボディ2台とレンズ2台づつで運用しています。

 

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED/D300s 望遠レンズセット

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDとD300s

[ニコン望遠ズームレンズ AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED/D300s 70mの状態]

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDとD300s

[ニコン望遠ズームレンズ AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDとD300s 300mm望遠状態]

レンズ:Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

ボディ:Nikon D300s

レンズもボディもニコン純正を使用しています。

Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

オオワシ

[望遠レンズ300mmで撮影 オオワシ]

このボディとレンズで
撮影したオオワシです。

古いレンズですが、
手振れ補正機能があり、
手持ちでもある程度ブレを抑えてくれます。

オートフォーカスのスピードは
2016年にでたAF-P 70-300mmF4.5-6.3ED VR
より大分劣るようです。

上記のオオワシも
最新のレンズなら
よりクッキリと鮮明な写真がとれたかもしれません。

野生生物撮影で大変なのは、
被写体が動き周りピントが
合わせづらい点です。

今買うなら、
新しいレンズをおすすめします。

 

ただ、
このレンズを購入して
12年ほど経ちます。

2年前に故障し、
15000円ほどかけて修理しています。

修理後の耐久性が異常に高い点が
ニコンが長年愛されている
ポイントの一つだと聞いています。

今後、
このレンズがどの程度持つのか
楽しみであります。

末永くこのレンズと
付き合っていこうと思っています。

 

Nikon D300s

ボディのD300sです。

2009年8月に発売された、
重くゴツイカメラですが、
かつては名機と呼ばれ
ニコンのフラグシップモデルでした。

特徴は剛性とオートフォーカス能力。

最新の機種には
オートフォーカス能力も
及びませんが、
価格コムやアマゾンの
コメントを読むと、
今でも多くの方々が
現役で使っているようです。

ただし、今はミラーレスで
軽く、かつ高性能なボディも
沢山でていますので、
買うなら新しい機種をおすすめします。

 

 

AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED/D50 広角レンズセット

AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

[ニコン望遠ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED と D50]

レンズ:Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

ボディ:Nikon D50

 

Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED

広角レンズ10mm 登別地獄谷

[広角レンズ10mmで撮影 登別地獄谷]

2009年5月に発売された、
広角レンズです。

私は3年前に中古で
50,000円ほどで購入。

それまで使っていた
キャノンボディと単焦点広角レンズを
使っていたのですが、落として破損。

その代わりとして、
このニコンの広角レンズを購入しました。

広角レンズは景観や旅行、
静物の接写をする際に有用なレンズです。

北海道の広々とした景観を
ブログで紹介したいと思い購入しました。

 

D50

2005年6月に発売されたボディです。

初めて買った一眼レフカメラです。

広角レンズににセットして
使用しています。

ニコンD50は
ボディ内AFモーターがあり
多様なレンズが使用可能で、
かつ撮像素子に画質が良いとされる
CCDを搭載しています。

D50はニコンが初期に出した
エントリー一眼レフモデルですが、
実は隠れた名機なのです。

画素数は600万画素と
今となっては物足りないですが、
ブログや報告書などでの利用では
600万画素でも十分です。

 




 

結論

野鳥等を勉強するための撮影でしたら、
重視したいのはボディよりもレンズです。

エントリーとして
300mm程度の望遠レンズが
あれば大丈夫だと思います。

300mm以上になると
本格的な大きなレンズになり
現場での使用に制限がかかってしまいます。

 

風景や接写、スナップショットなどは
スマホでも十分に役割を果たします。

野生生物を狙うならまずは望遠レンズです。

 

各社から良い望遠レンズが
沢山出ていますので、
色々と吟味するのも楽しい工程です。

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-その他
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.