自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【書評】北海道の動物たち 人と野生の距離

更新日:

2018-11-28 No.318

どうも、モーリーです。

今回は書評です。

北海道の自然や動物に興味がある方なら
誰が読んでも面白いと感じられる本です。

著者の千嶋氏は十勝在住の方で、
野生生物の研究者です。

主な研究対象は
海獣(ゼニガタアザラシなど)と
海鳥だと聞いています。

徹底したフィールドワークにこだわる研究者で、
その観察眼と撮影能力、
具体的な事例を紹介しつつ読ませる文章力で、
北海道の研究者の中でも屈指の
実力を持つ方です。

十勝池田町で
道東鳥類研究所という研究所を開き、
在野で研究を続け、
学会へも参加する
研究者の鏡のような方です。

ブログもやっています。
鳥キチ日記

その方が、一般の我々にも
北海道の野生生物の魅力を伝えようと
記した本がこの本です。

文章も読みやすく、
フィールドで培った知見を
分かりやすく伝えてくれています。

 

北海道の動物たち 人と野生の距離

北海道の動物たち[北海道の動物たち 表紙 エナガが可愛い]

このブログを書く時も、
エゾシカの章などは、
かなり参考にさせていただいています。

一部内容を紹介します。

 

エゾシカの章「試される保護管理」

増えるエゾシカ[2017.8北海道知床 増加するエゾシカ]

著者は近年激増するエゾシカによる
植生被害から始まる環境への悪影響の連鎖を懸念しており、
ハンターによる対策では不十分ではないか、
との見解を示しています。

その中でオオカミの再導入について紹介しています。

家畜や人的被害が発生する可能性もあることから、
著者は深い議論が必要だと記しています。

 

北海道にも1890年頃までは、
エゾオオカミが生息していました。

私は常々ご先祖様が絶滅させてしまったエゾオオカミに代わって、
シベリアなどからオオカミを導入したいと思っています。

ヒグマやオオカミがいる山で狩猟するなんて、
想像するだけでワクワクします。

 

アメリカのイエローストーン国立公園では、
オオカミの再導入で、
生物の多様性が劇的に向上した
という事例もあります。

今度、その事例を紹介します。

 

貴方も『北海道の動物たち』を手にとってみてください。

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, その他, 哺乳類
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.