自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

事故記録 2022年8月北海道古平町ヒグマ連れ去り&行方不明&スモモ食害事件 8月のヒグマは飢えている

投稿日:

2022-08-22 No.976

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

さて、8月になり北海道では連日ヒグマ関連の事件事故が散発しています。
福島県でも犬の散歩をしていた女性がクマに襲われて怪我を負う事件が発生しています。

これは8月がクマが一番飢える時期だからです。
この時期のクマは一年の内で一番食べるものが少なくアリや草を食べて飢えをしのいでいる時期です。
ですので、クマたちも仕方なく人里に降りてきて食べ物を探します。
9月になれば山の中ではヤマブドウやサルナシの実がなり、川にはサケマスが遡上し、山野でのクマのエサが豊富になりクマたちが人里に降りてくるケースも減るでしょう。

 

下の動画はヒグマが土を掘って何かを食べている様子です。
このヒグマが去った後に掘った跡を調べに行くとアリの巣でした。

こんな感じで8月のヒグマは腹を減らして山野をウロウロしています。

 

北海道古平町においてヒグマによると見られるスモモ食害がありました。
そして、ここ古平町周辺ではヒグマによると見られる連れ去り事件と行方不明事件も発生しています。

古平町におけるヒグマ関連とみられる事件を整理します。

 

 




 

 

スモモ食害

日時

2022年8月18日

場所

北海道古平(ふるびら)町浜町

内容

2022年8月18日、ヒグマがスモモ約20個を食い荒らす事件が発生。
現場には足跡があり、その大きさから体重250キロほどのヒグマとみられる。

翌19日に地元の猟師8名が現場に集まりパトロールし警戒している。

 




 

 

70代女性 行方不明

日時

2022年5月21日夕方

場所

北海道古平町歌棄町

内容

2022年5月21日夕刻に72歳女性が行方不明。
女性は散策や山菜採りが趣味だったとされている。

ヒグマによる連れ去り事件ではないかとみられている。

 

参考サイト:
行方不明者の情報と経緯

 

 




 

 

70代男性 連れ去り事件

三毛別ヒグマ記念館

[三毛別(さんけべつ)ヒグマ事件復元地]

日時

2020年5月15日午後

 

場所

北海道古平町浜町の被害者宅から500mほどの山林内

 

内容

2020年5月、男性71歳がタケノコ採りに山に入りヒグマに連れ去られたとみられる事件発生。
男性は15日午後に「午後にタケノコ採りに行く」と手紙を残し、自宅周辺の山に入った。

連れ去られたとみられる現場では、男性のリュックや靴下、長靴などが散乱しておりヒグマに振り回されたとみられた。
長靴には爪で引っ掛かれたような傷跡があった。
リュックには熊鈴と笛が残されたままだった。
現場の痕跡からヒグマが寝ていた付近を通りかかった際に襲われたとみられる。

その後同ヒグマが駆除された情報は聞いていない。

 




 

5月は山菜採りでヒトが山に入り、かつヒグマも冬眠明けで山を徘徊しており、ヒトとヒグマが遭遇するケースが多い時期です。
8月はヒグマが一年で最も飢える時期ですのでトウモロコシやビートなどの農作物や牛や羊などの家畜を食べるために人里に降りてくる時期でもあります。

5月の山林と8月の農道は気を付けて歩きましょう。

 

参考サイト:←ここのブログはヒグマについて知りたい時はオススメのサイトです。丁寧にブログ作りされていると感じます。ご覧ください。
ヒグマ研究室

 

関連記事:
事故記録 コードネーム"OSO18"の衝撃 巨躯で強く賢く忍者のように闇に潜むヒグマ

記録 2018年池田町ヒグマ ヒツジ80頭襲撃事件

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-事件記録
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.