自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【鋼の錬金術師】厳しい北海道で培ったテーマ「等価交換」漫画家荒川弘が凄い

更新日:

2019-11-16 No.502

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

『鋼の錬金術師展』
札幌で開催されています。

『鋼の錬金術師』とは
北海道十勝出身
荒川弘氏が描いた漫画です。

【等価交換】がテーマの軸にあり、
錬金術が存在する世界を
兄弟が旅をする話です。

世界中で人気となり、
単行本の販売部数は
世界で7000万部を超える
大ヒット作品となりました。

今回は北海道十勝が産んだ
漫画家 荒川弘先生と
その作品群についてお届けします。

 




 

 

鋼の錬金術師展

鋼の錬金術士展
[2019.11北海道札幌 鋼の錬金術師展]

鋼の錬金術師展が
2019年11月10日~12月1日
札幌JRタワープラニスホール
にて開催されています。

漫画の原稿やイラストが
多数展示されておりしっかり見ると
1時間以上掛かります。

出口には売店もあり
私も画集と原稿の複製を購入。

ハガレンファンなら
必ず行くべきイベントです。

漫画だけではなく、
アニメ化や映画化、
ゲーム化などの
メディアミックスにも
成功した作品している作品です。

特に2回目に製作された
【鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST】
は、演出も作画レベルも高く
同作品の評価を
さらに押し上げました。

見ていない方は是非ご覧下さい。

 

漫画版↓

アニメ(二回目)↓

 

 




 

 

荒川弘という漫画家

来歴

荒川弘先生

[2019.11北海道札幌 荒川弘氏銅像 荒川氏は自身を牛に見立てた自画像を描きます]

荒川弘先生の自画像はメガネ牛です。

出身は十勝幕別町の農家。

5人兄弟の4女、
1973年5月生まれ、
帯広農業高校卒。

高校卒業後は
7年間実家の農業を手伝いながら、
4コマ漫画の仕事を受けていました。

26歳で漫画賞を受賞しデビュー。

その2年後、28歳の時に
『鋼の錬金術師』連載開始し
10年間連載を続け
大団円で幕を下ろします。

その後も
『百姓貴族』
『銀の匙 Silver Spoon』
『アルスラーン戦記』
など、ヒット作を連発します。

 

漫画の鬼

アルフォンス像

[2019.11北海道札幌 アルフォンス等身大像 鋼の錬金術師展にて]

荒川弘先生の凄まじいところは
連載中に休載を入れずに
長男を出産したところです。

ちなみに、
荒川弘先生は女性で
結婚もされています。

その後も銀の匙やアルスラーン戦記の
連絡を抱えつつ次男、三子を出産。

漫画と家庭を両立させている
稀有な漫画家です。

しかし、
銀の匙連載中に
「家族が体調不良で療養サポートのため
執筆作業を調整します」との
コメントが本人より出されました。

 

銀の匙の連載も残すところ
あと2回(2019.11月現在)。

1999年の漫画賞受賞から
20年間走り続きてきた
荒川弘先生です。

ゆっくり休養して欲しいと思います。

 

荒川弘の哲学【等価交換】

荒川弘

[原画展に飾られていた荒川先生直筆サインのサインイラスト]

荒川弘先生はヒットメーカーです。

ヒットを支える根本は荒川弘先生が持つ
自然観、社会観が読者・視聴者を
惹きつけるのだと思います。

一言でいうと『等価交換』

厳しい北海道十勝の農家が培った思想、
働かざるもの食うべからず』。

労働の対価としての
暖かい家や美味しい食料。

厳しい冬があるからこその春の喜び。

荒川弘先生の漫画を貫くテーマ
【等価交換】とは、
凍てつく厳しい大地を
民間主体で開拓した
北海道十勝そのものの思想です。

 

そんな荒川弘先生の作品は
鋼の錬金術師以外でも、
以下の作品を通じて楽しめます。

 




 

 

荒川弘作品群

百姓貴族

自身が農家出身であることから
農業の現場について、
現在の農業のあり方について、
食料自給について、
実体験からコミカルに
農業問題を知れる漫画『百姓貴族』。

 

 

銀の匙

自身の農高実体験から
農業高校ライフを描いた
銀の匙 Silver Spoon』。

キャッチコピーは
「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!」

 

 

関連記事:

銀の匙 ロケ地へ行く 北海道出身の漫画家たち

 

アルスラーン戦記

田中芳樹原作の『アルスラーン戦記』。

私が高校の頃から読んでいた作品が
荒川弘先生の手によって
漫画化され連載スタート。

なお、
原作は31年の時を経て
2017年に完結したのですが、
ラストが辛い…。

荒川弘先生がラストを
変えてくれると期待する声も一部あります。

 

 

貴方も是非、荒川弘先生の
作品を手にとって見てください。

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-サブカル
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.