エゾシカ頭骨 4歳と角枝から分かるその年齢

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

2017-07-04 No.193

十勝の川の上流域

北海道 河川 上流[2017.6.14北海道十勝 日高山脈を源流とする河川の上流域 昨年の豪雨の影響で崩落している状況が確認できる]

6月に日高山脈を源流とする河川を歩きました。
昨年8月に北海道の富良野や十勝を襲った台風による豪雨の影響により、川の両岸の崖は崩れ、木々が倒れ流木となり、大きな石がゴロゴロと転がっている状況でした。

河川 北海道 清流[北海道十勝 河川上流域の清流 透明感のある水が流れる]

河川は上流に来ると、その周囲には畑もなくなり、畑から肥料などが流れ込んでいないため透明度も高く、泳ぎたくなるような川です。
十勝は農業が盛んな土地柄で、その影響で十勝を流れる十勝川や札内川、音更川などの河川には窒素やリン酸、カリウムなど作物の生長に必要な成分が畑から流れ出しています。
あまり泳ぎたくないですよね。
しかし、ここら辺まで上流に来れば透明度の高い清流となり、泳ぐのも気持ち良さそうです。

 

エゾシカの骨

エゾシカ 骨 角[北海道十勝 エゾシカの頭骨 川の脇に立派なエゾシカの骨が散逸していた 角があるので冬に死んだと思われる]

そんな川の脇にエゾシカの骨がありました。
現場の様子から、オスの4歳以上のエゾシカが、冬に自然死したと思います。
死因は餓死か、怪我により動けなくなったのでしょうか。
狩猟による死ではないと思います。
場所がかなり上流域であり、冬はスキーやスノーモービルを使ってもここまで来るのは相当に困難であるので。

角の枝数と年齢

エゾシカ 角 骨[北海道十勝 エゾシカの頭骨]

エゾシカの角はオスにのみ生えます。
オスのシンボルであり、その角を使って他のオスとテリトリーやメスを巡り争います。
上記の画像の角は4本の角枝(3股)を確認できることから、4歳以上のエゾシカであると分かります。
この角枝が、
1本なら一歳です。
2本(1股)なら二歳。
3本(2股)なら三歳。
4本(3股)なら四歳。
5本(4股)なら5歳以上ですが、あまり見られないそうです。

 

角の生え変わり

冬から春にかけて、抜け落ち、春から毎年新しい角が生えてきます。
以下の画像は昨年の6月に撮影した、角が生えつつあるエゾシカの様子です。

エゾシカ 角 角袋[2016.6月北海道根室 エゾシカの角が生えつつある様子 角袋と呼ばれている状態]

関連記事
エゾシカ 6月 新しい角の生え変わりと出産の頃

 

骨を持ち帰る

エゾシカ 骨 足[北海道十勝 エゾシカの足の骨]

エゾシカ 骨 顎[北海道十勝 エゾシカの顎の骨]

立派な骨だったので持ち帰ることにしました。
しかし、骨には肉がこびりつき、その肉にシデムシという死肉を好む虫がたかり、臭いもキツく、やや大変でした。
重さも5-6キロあり、結構重い…。

エゾシカ 角 骨[北海道十勝 エゾシカの頭骨]

山道なので両手を自由にして歩くことが大事です。
ザックに括り付けて、下山しました。

北海道十勝は日曜日は30℃まで上がり、今日(水曜)は18℃。
暑かったり寒かったりの天候です。
貴方はいかがお過ごしですか。
やはり梅雨の雨音を聞いているのでしょうか。
そんなあなたに北海道十勝から報告でした。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 哺乳類
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.