自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

エゾシカ ハンターに殺気はあるか

投稿日:

 

スポンサードリンク

 

2016-04-21 No.100

エゾシカの運動能力 Physical ability of deer

deers「北海道根室 川の脇で餌を探すエゾシカの群れ」

狩猟に山に入るとシカと出合います。
まるっきり姿を見ないときもありますが。

シカはハンターの気配を察するとアッという間に逃げていきます。
シカにとってハンターと出会うということは、命が掛かる出来事ですので必死です。
ハンターを見ると一瞬で急斜面の崖を駆け上がるその運動能力にいつも関心してしまいます。
いったん全速力で逃げた後に一度立ち止まりこちらの様子を伺う時間があり、うまいハンターはその時間で仕留める方も多いようです。

 

 

殺気を感じて逃げるシカ deer running away

running deers「北海道根室 私の気配で逃げ出すエゾシカの群れ」

カメラマンがシカの近距離から撮影したと思われる写真をみることがあります。
望遠レンズを使ったとしても、随分近づけるのだなと不思議に思っていました。

先輩ハンターたちから、動物たちに『殺気』を気取られることがある、との話を聞きます。
カメラマンがシカとの距離を詰められるのも『殺気』がないからシカがカメラマンの接近を許しているのでしょうか。

a deer in trees「北海道根室 林の木々の中にいると保護色になり位置が分かり難くなるエゾシカ」

 

 

 

殺気を消す すなわち『絶』(HUNTER×HUNTER) extinguish my desire

話は少しそれまして。
ハンターハンターという漫画の中で『絶』という気配を消す能力があります。(「Hunter×Hunter」1998-週刊少年ジャンプ)
先輩ハンターがいう「殺気を消す」とは、ハンターハンターでいう「絶」の事だよな、などと思いながら先輩の話を聞いていました。
今週の月曜の週刊少年ジャンプにて1年8か月振りに「HUNTER×HUNTER」の連載が再開しました。
連載が始まって18年、ずっとこの漫画に注目してきたので、連載再開は大変うれしく思います。
この漫画は単行本全巻(映画館にて特別配布された0巻含む)を所有しています。はい。
作者の冨樫義博先生におかれましては、お体に気を付けて末永く頑張っていただきたいと思います。
蛇足でした。スミマセン。

 

 

次回からは北海道の山菜、春に見られる生物たちを紹介していきます。
春は野菜を買う必要がないので家計的に助かります。

実はハンターになったのも、漫画「HUNTER×HUNTER」の影響もちょっとある当ブログ運営者でした。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, 自然, 風景・景色, 哺乳類
-,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.