自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

追って鶴居村 果たして猟果は?

投稿日:

https://tiotrinitatis.com/hunter

2019-10-28 No.485

訪問いただきありがとうございます。

北海道十勝のハンター
モーリーと申します。

北海道では10月から猟期が始まりました。

私がよく猟場とする白糠では
26日に誤射事故が発生しました。

関連記事:
事故記録 2019.10白糠誤射事故

その影響なのか
白糠で車を走らせていると
複数のパトカーとすれ違います。

川をみると釣り人も多く
安全確保に難がある猟場であると
判断しました。

思い切って、
行った事のない猟場へ
足を伸ばす事にしました。

白糠町の隣村
鶴居村です。

 

鶴居村のタンチョウたち

畑のタンチョウ
[2019.10北海道釧路 鶴居村 畑にはタンチョウ鶴が20羽ほど]

さすが鶴居村というだけあって
あちらこちらでタンチョウ鶴を
見かけます。

 

タンチョウの群れ
[2019.10北海道釧路 鶴居村 タンチョウの群れ]

タンチョウはこうして畑で餌を探します。

本来のタンチョウは水辺の鳥なので
カエルや魚、ザリガニなどを
捕まえる事が多いのですが、
道東のタンチョウたちは
デントコーンや大豆など
畑作由来の餌を食べています。

タンチョウ
[2019.10北海道釧路 鶴居村 タンチョウ]

明治大正時代の頃には
絶滅したと考えられていた
タンチョウですが、
人が与えた餌によって
絶滅を免れ今に至ります。

その子孫たちが今は1300羽以上に増えた事から、
今、北海道にいるタンチョウたちは
人由来の餌が好きなグループと
言えるかもしれません。

 

猟の結果はボウズ

朝から民地を回りましたが、
大きなオスを6時頃に見ただけで、
銃を撃つ間もなく逃げ去ってしまいました。

その後はヒグマとキタキツネを
見かけましたが、
ヒグマもすぐに森へ消え、
キツネは撃つつもりはありません。

ヒグマも怖いですし…。

 

今年の北海道は平日に国有林・道有林での
狩猟は禁止されています。

この状況では平日の狩猟は
厳しいものがありますが、
狩猟しつつ撮影しつつ、
美味しい紅茶を飲みつつ、
安全第一で、
自然を楽しもうと思います。

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟, 鳥類

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.