自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

車中泊 ヴォクシーをキャンピングカーに改造してみた

更新日:

2020-03-23 No.579

どうも、北海道十勝のハンター
モーリーです。

最近、車中泊が静かなブームだと感じます。

知人が新しい車を購入するので、
車中泊用に改造している
トヨタヴォクシーを購入しないかと言ってきました。

その車のことは知っていたので
二つ返事でOK。

そんなトヨタヴォクシーを紹介します。

 

 

 

車中泊用にセットアップしたトヨタヴォクシー

寝台

ボクシー車中泊
[車中泊用にセットアップされたトヨタヴォクシー]

私は背は低いので足もしっかり伸ばせます。

カーテンも設置しているので、
覗き込んで来る人や
街灯の光などに悩まされません。

 

車中泊
[ツーバイフォーで組んだ寝台]

寝心地は問題ありません。

マットレスも引いています。

最初は慣れるまで
やや疲れますが、
慣れたら快適に熟睡できます。

 

収納

キャンピングカー
[車中泊用にセットアップされたトヨタヴォクシー]

寝台はツーバイフォーで組んであります。

下に広いスペースがあります。

この画像ではクッションが
入っていますが、
キャンプ用の道具はここに収納できます。

 

私はハンターなので狩猟する時は
軽トラ(ダイハツハイゼット)で
行きますが、
まれにこのヴォクシーで行くときもあります。

そんな時はここにエゾシカを収納することもあります。

 

サンルーフ

サンルート
[サンルーフ]

サンルーフがあることで日光を取り込めます。

星空をみることもできます。

しかし、一点不便に感じることがあります。

それはエンジンがついていないと
開け閉めができない点です。

ですので、寝ている時などに
サンルーフを開けようとすると
いちいちエンジンをかけなくてはなりません。

その点が気になる点です。

 

 

 

車中泊でいこう

夏の北海道の道の駅やキャンプ場には
全国至るところからやってきた
キャンピングカーが泊まっています。

その様子に憧れていました。

キャンピングカーではありませんが、
今は車中泊できる車があります。

今年はこの車で北海道をあちこち巡り
北海道の素晴らしさを
貴方へお届けできればと思います。

 

したっけぃ

 

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-アウトドア
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.