自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

川を散策して出会った生き物たち 川にいる生き物は魚だけじゃないんです

投稿日:

2021-11-14 No.895

どうも、北海道十勝のハンター モーリーです。

川を歩いていると、魚だけではない色々な生物たちと出会います。

川やその周辺には魚以外にもヤゴやカゲロウ、トビケラ、エビ、ザリガニなど多様な生物が生息しています。

このような生物たちを【水生生物】【底生動物】と呼びます。

そんな生物たちを紹介します。

 

川の生き物たち

 

ヤゴ

ヤゴ

[2021.9北海道上川 トンボの幼生ヤゴ]

トンボの幼生ヤゴ。

【ヤゴ】とは「ヤンマの子」の略。

種類にもよりますが、この状態で数年を川底で生活します。

そして最後のひと夏前に成虫となり、私たちの知るトンボになるんですね。

 

関連記事:

トンボの幼生 オニヤンマのヤゴは川の中

 

ヘビトンボ

ヘビトンボとヤゴ

[2021.9北海道上川 ヘビトンボとヤゴ]

ヘビトンボ(中央)とヤゴ(右上の黒い物体)です。

ヘビトンボは綺麗な川にしか生息しない生物です。

立派なアゴです。

このアゴで噛まれると結構痛い。

 

 

関連記事:

ヘビトンボ 清流3年 青空2週 孫太郎の一生

 

フクドジョウ

フクドジョウ

[2021.9北海道上川 フクドジョウ]

川底を泳ぐフクドジョウが数尾みえます。

体色が川底のデザインに似ていて、上からのぞいても見つけにくい魚です。

この魚は石や砂利、泥のある生息環境を好みます。

 

スジエビ

スジエビ

[2021.9北海道上川 スジエビ]

スジエビ。

流れの緩い川や湖沼に生息。

透明なエビですが、鍋に入れると「サッ」と赤くなります。

それほど美味しいエビではありませんが、どこかの湖で乾燥スジエビが売り出されており、それが美味しかった記憶があります。

風連湖だったかなぁ。

 

 

こんな感じで、川をちょっと散策すると多くの生物と出会うことができます。

貴方も家族や友人たちと川へ散策にでかけてみると楽しいかも。

 

 

北海道の冬の川は結氷し、凍り付いた川を人が歩くことも可能です。

冷たい北海道の川底に息づく彼女・彼らは、今頃越冬の準備をしている頃でしょう。

そんな北海道まで遊びに来てください。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-水生生物
-, , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.