自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【事故記録】2019.4斜里町ヒグマ死んだふり襲撃事故

投稿日:

2019-04-18 No.379

2019.4.16北海道斜里町において、
地元猟友会の坂本幸一氏(74)が
ヒグマ駆除の際に襲われ怪我をする事故が発生。

本記事の内容

・事故概要

・事故の教訓

どうも、モーリーです。

今年の春は例年より一週間ほど早く進んでいます。

ヒグマの活動も早いようで、
先輩猟師たちもヒグマが早いと噂話をしています。

そんな中、北海道の東、
知床の付け根に当たる場所に斜里町という町があり
そこでヒグマによる事故が発生したので報告します。

 

事故概要

事故概要

ヒグマの足跡[ヒグマの足跡 北海道の春の山では時折見かける]

2019年4月16日0:45頃、
北海道斜里町峰浜の山林で、
地元猟友会の猟師 坂本幸一氏(74)が
ヒグマに襲われ軽傷を負いました。

坂本氏は猟友会が行う訓練の下見で一人で山に入り、
ヒグマを発見しライフル銃で腹部へ発砲。

ヒグマは倒れた。

ヒグマは1mほどのオスで、
去年の春に生まれた若い個体と思われる。

ライフル銃で倒れたヒグマに近づくと立ち上がり
坂本氏を襲撃。

坂本氏は両腕、額、唇に怪我を負いながらも、
再び発砲し、ヒグマを獲る。

軽傷とのことですが、
大事をとり入院しました。

以上が報道をまとめた事件概要です。

 

事故の教訓 しっかりとトドメを刺せ

ヒグマの足跡[ヒグマの足跡 点々と続く山林の足跡]

私はヒグマを獲ったことがありませんので、
猟師の間で言われることしか伝えられませんが、
ヒグマは非常に体力があるため、
本当に死亡を確認するまで近づいてはいけないと
言われています。

また、弾をケチらずに、しっかりとトドメを刺すことが
肝要だと言われています。

2017年10月にも、
白糠町において同様の事故がありました。

猟師がヒグマを撃つも、
近づいたところを襲われた事故です。

参考記事:記録 2017白糠ヒグマ襲撃事件

 

撃った、獲ったと思っても、
油断するなよ
春ヒグマ。

 

 

私はまだライフル銃を持っていません。

正直ヒグマを見ても怖くて撃てません。

心身ともに修行中の身です。

いつか多くの先輩たちのように、
ヒグマを獲れるハンターになりたいと思っています。

いつか、ヒグマを獲れた時は
ココで報告できたら嬉しいです。

 

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-事件記録
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.