自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

探検@ニセコ タヌキの溜め糞 うさぎの糞

更新日:

 

スポンサードリンク

 

2017-05-13 No.175

後志支庁の羊蹄山

羊蹄山 ニセコ[北海道後志 倶知安町駅前からの羊蹄山]

羊蹄山です。
羊蹄山のある後志支庁は、札幌からおよそ100kmほど南西にある支庁です。
山があり川があり、水田があり、スキー場があり、多くの外国人が滞在する素敵な土地です。

支庁とは北海道の行政区分のことで、各支庁が本州の各県ほどの大きさがあることから効率的な行政運営を図るために各支庁毎に振興局を設置しています。
本州でいうと、県庁みたいなものでしょうか。
ここ後志支庁の面積は約4,300k㎡です。
東京都が2,100k㎡なので約2倍です。
ちなみに十勝支庁の面積は10,800k㎡で、東京の5倍です。

 

動物のたちの痕跡

ウサギの糞

うさぎ 糞 フン[北海道後志 エゾユキウサギの糞 繊維質で乾燥している]

うさぎ エゾユキウサギ 糞[北海道後志 エゾユキウサギの糞 食べることもできるらしい もし貴方が山で遭難した際は非常食になります もしもの時のために覚えておいてください]

ニセコの田園地帯を歩いていると多くの動物の痕跡を見つけることができます。
上記の画像はウサギの糞の画像です。
見た目で分かるように、パサパサして触っても汚らしさはありません。
私は食べたことがありませんが、東北地方では食べる風習もあるようです。
新芽などを食したうさぎの糞を塩漬けにすると、新芽の風味を味わうことができるようです。
なにやら美味しそうですね。
今度やってみよう。(できたら報告しますw)

用心深いのか、私はエゾユキウサギを見たことがありません。
十勝でも雪の上にT型の足跡があり、痕跡は見かけますが、なかなか出会えません。

タヌキの糞

タヌキ ため糞 フン[北海道後志 エゾタヌキのため糞 タヌキは糞を通じてお互いの情報交換をしている]

タヌキ エゾタヌキ[北海道後志 左下に2匹のタヌキが見える 人の気配を察してすぐに山の方へ逃げていきました]

ニセコの山間を歩いているとタヌキのため糞がありました。
北海道のタヌキはエゾタヌキと呼ばれています。
ため糞はタヌキ同士の情報交換のために行われている習性であると考えられています。
タヌキが集まって集会しているなんて、『平成タヌキ合戦ぽんぽこ』みたいですね。
ニセコでは多くの痕跡を見かけますが、十勝ではあまり見かけません。
先輩ハンターの話では、罠には時折かかるらしいのですが。

当ブログへ訪問していただき、ありがとうございます。
主に北海道の野生動物や自然の情報を紹介しています。
よければ、またご訪問ください。

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 哺乳類
-

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.