自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

【事故記録】カモシカ救出猟師死亡事件とその後

投稿日:

2020-11-05 No.645

2020年10月2日、
愛知県新城市において
罠にかかったニホンカモシカを
逃がそうとした猟師(70男性)が
カモシカに太ももを角で刺され
死亡した事件がありました。

最初にこの一報を聞いた時は
悲しく感じましたが、
ある意味猟師として
理想的なあり方だなと感じました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

事故概要とニホンカモシカ、
その後の殺処分と抗議運動について
記しました。

 




 

事故概要

日時:2020年10月2日8時頃

場所:愛知県新城市黄柳野(つげの)の山林

内容:
地元猟友会男性70代が
シカの罠に掛かったカモシカを発見し
逃がそうとした所、
太ももを角で刺された。

男性は山を下りながら
家族と連絡を取り、
病院へ運ばれたが
二時間後に出血性ショックで死亡した。

カモシカはオスで
体長90cm、体高は70cmほど。

同月5日、
同カモシカは
愛知県と新城市の指示で
殺処分された。

 




 

ニホンカモシカ

カモシカ

[ニホンカモシカの切手]

二ホンカモシカ(Capricornis crispus

大きさ:110cmほど

分布:日本固有種で北海道以外に生息

食性:草や木、果実など。ササやスゲなども。

繁殖:10-11月に交尾。妊娠期間は215日程度と長い。一回に一頭を産む。毎年の出産は少ない。性成熟はオスで3年、メスで4年。

寿命:15年ほど

性格:好奇心が強い

生息数:80,000頭以上

備考:北海道には生息しない。青森県には生息する。

 

ニホンカモシカ(以下、カモシカ)は
1955年に特別天然記念物に指定され
一時は絶滅も危ぶまれていた動物です。

環境省の
レッドデータブック※には
記載されておらず、
日本全体としては
絶滅の危険は薄れました。

一方、九州や四国、紀伊山中などに
生息する個体群は
絶滅の恐れもあるとされ、
各都府県が設けるレッドデータブックには
記載されている地域もあります。

※レッドデータブック:
絶滅のおそれのある野生生物に関する保全状況や分布、生態、影響を与えている要因等の情報を記載した資料

 

参考文献:
第二種特定鳥獣管理計画(カモシカ管理) 愛知県

カモシカの保護管理に関する研究 2019年1月 常田邦彦




 

事故とその後

事故三日後の同月5日に
愛知県と新城市が許可を与え
カモシカを殺処分しました。

新城市農業課鳥獣被害対策担当者は
「カモシカは普段は大人しいが、
発情期のオスは10-12月は興奮する
こともあり殺処分した。」とのこと。

この他にも、
カモシカによる農業被害があり、
遺族の感情を勘案して
愛知県と新城市は
殺処分をしたと思われます。

カモシカはシカと同じように
人を襲うことはありませんので、
私ならカモシカを罠を外そうと試みた
猟師の気持ちをくんで放獣するかなと。

ただし、
殺処分もある程度
妥当性のある判断だと思います。

 

蛇足になりますが、
この事件はその後少し注目されます。

殺処分を決定したことに
一部市民による抗議活動が起こり
警察が動く事態まで発展したことです。

調べてみると、
殺処分を決定した
愛知県大村秀章知事や
新城市穂積亮次市長は、
いずれもリコール運動を起こされているとのこと。

新城市の市長にいたっては
過去に服役していた経歴もあるようです。

こういう事も背景としてあるために
抗議運動が激しくなったのかなと。

したっけぃ

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-事件記録
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.