自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ニセコ 桜咲く ゆったりと春の訪れ

更新日:

 

スポンサードリンク

 

2016-05-18 No.118

ニセコに桜咲く a Cherry at Niseko

youtei mountain「北海道後志 5月中旬のこの時期でもニセコ町では桜が見られる」

北海道ニセコ町では桜が咲いています。
葉桜になりかけていますので、先週頃がピークだったのでしょうか。
日本の最北端稚内の桜開花が5月13日でしたので、ニセコの桜開花も稚内とほぼ同時期だったと思われます。
なぜ札幌や小樽に比較的近いこの町は、春の訪れが遅いのでしょうか。

 

ニセコ町の標高 sea level of Niseko 244m

youtei mountain「北海道後志 羊蹄山と桜の木」

ニセコ町周辺の地域の桜開花前線は4月25日を示しています。
しかしながらニセコは標高が244m(ニセコ町の気象装置設置箇所)と高所にあるため、桜の開花が周辺地域よりも遅れているのだと考えられます。
ニセコ周辺の山間の森や川に入るとエゾエンゴサクやオオバナノエンレイソウなどの春植物がこの時期に咲いています。
このことからも、十勝に比較して2週間ほど季節が遅いと感じます。(十勝の春植物は4月末-5月上旬)
ニセコ周辺は山が近いく、山からの冷たく心地良い風が感じられる土地です。
日本でもっとも遅い春を迎えたニセコ町は、桜の季節を終え新緑の季節を迎えています。

niseko cherry「北海道後志 葉桜となり散る直前のサクラの花」

したっけぃ

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 風景・景色, 植物

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.