自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

情熱大陸的農業ハンターの役割 鳥獣被害額は北海道で47億円

投稿日:

2020-11-02 No.640

どうも、北海道十勝のハンターモーリーです。

NHKの情熱大陸という番組で
農業ハンターがテーマだったと聞きました。

生憎、
私はテレビを持っていませんので
内容は分かりません。

内容を想像するに、
獣害にあっている農家が
野生動物たちを駆除しつつ
その肉を販売し、
農業被害軽減と地域の振興に結びつける
といったところでしょうか。

北海道における鳥獣被害や
私の農家の友人の話しをお届けします。

 




 

北海道の鳥獣被害額は47億

畑

[2020.5北海道十勝 作付けが終わったばかりの春の畑地]

北海道の鳥獣被害額(2019年度)は
47億円/1,146,000haです。
内、
釧路が12.8億円/91,500ha、
十勝が6.3億円/261,000ha
釧路と十勝だけで
北海道の全額の半分近い
20億円近くの被害額がでています。

農+ビジネス北海道ウェブサイトより

ちなみに、
年度は違いますが
日本全国の鳥獣による農業被害額は
158億円(2018年)です。

農林水産省ウェブサイトより

釧路十勝だけで
全国の鳥獣による農業被害額の
12%がでています。

 




 

友人の農家の話

畑作の場合

友人や親戚に農家がいます。

鳥獣被害について話を聞くと
春先に鹿や熊による
ビートの喰い荒らし被害が
多いとのこと。

獲りに行こうかと言うと、
モーリーは銃が下手だし (´·ω·`)...
動物も可哀想だから、
獲らなくていいよとのこと。

作物への被害も畑地の一部が
やられるだけで、
広範囲に渡って喰い荒らされることは
ほとんどないので、
そんなに気にしていない、と話ます。

特に春先にでてくる子狐が可愛いらしく
あまり駆除には積極的ではないようです。

広い農地を持つ十勝の農家は太っ腹です。

 

畜産などの場合

ただ、耕地面積の狭い農家の場合は
例え農業被害が一部であったとしても
割合として大きくなるため深刻です。

それに、
畑作と畜産でも変わってきます。

牛

[2009.8北海道湧別町 若いホルスタイン]

畜産の場合は
生まれたばかりの子牛が
キツネに食べられてしまったり
カラスにつつかれて病気になってしまう
ケースもあります。

牛舎周りにいるキツネやカラスを
積極的に駆除する畜産農家はいます。

北海道では農家の後継者たちが
自ら猟銃の資格を取り、
畑や牛舎周りの動物を狩っているケースがよく見られます。

彼らにとってはドアを開けたら
そこが猟場ですし自分の敷地ですから、
気兼ねなく撃てます。

獲る人はエゾシカを100頭以上
獲っている人もおり、
正直羨ましい環境にいるなと思いみています。

 

参考文献:
エゾシカによる農作物被害の実態 帯広畜産大学 熊谷幸民 小野山敬一

 

したっけぃ

【お歳暮ギフト 12月お届け予約】 六花亭 ザ・マルセイ(19個)

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-狩猟
-, , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.