自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

ハクチョウの渡り シベリアへ渡る2つのルート

更新日:

2018-03-20 No.236

 

広告

 

どうも、モーリーです。
先日、十勝の海岸線を歩きました。
北海道の海岸線[2018.3.15北海道十勝 浦幌町の海岸線 誰もいない、静かな海]

空を見るとハクチョウの群れをみました。
上空を20-30羽が北の方へ列を組んで飛んでいきます。

繁殖地であるシベリアへ渡る途上でしょう。
この時期にハクチョウは越冬地の日本を離れ、
繁殖地のシベリアへ渡ります。

 

広告

 

ハクチョウの生活史

ハクチョウの編隊 渡りの途上[2018.3.15北海道十勝 ハクチョウの列 海岸線沿いを北上する 先頭は長老でリーダー]

ハクチョウの生活史

繁殖期(シベリア地域にて)

5月  巣作りの時期
6月  産卵。一羽3-5個の卵を産む
7月  孵化(雛が卵からかえる)
8月  雛は親から水辺で餌の取り方を教わる
9月  雛が飛べるまでに成長。シベリアは寒くなり餌が少なくなる。

越冬地(日本にて)

10月 越冬地のため日本へ渡る。主に北海道へ集まる
11月 更に暖かい本州へ渡る。一部は北海道にとどまる
12月 3月中旬まで各地の越冬地で過ごす
3月  北海道に集まり、シベリアへ渡る準備
4月  日本を飛び立ち、繁殖地のシベリアへ

 

シベリアへの二つのルート

ハクチョウの渡り 北海道にて[2018.3.15北海道十勝 ハクチョウの渡り 一度ウトナイ湖などに日本中からあつまり、その後シベリアへ渡る]

ハクチョウがシベリアへ渡るルートは主に二つ。
オホーツク海沿岸から北方領土を通過し、千島列島からカムチャッカ半島を経由するルート。
稚内から樺太を抜けるルートです。
本州から大陸に行くルートもあるのですが、ざっくりと分けるなら上記の2ルートです。

ハクチョウの渡り 北海道にて[2018.3.15北海道十勝 ハクチョウの渡り 長老がリーダーとなって先頭を担うといわれている]

ハクチョウがシベリアへ渡り、フクジュソウが咲くころに北海道は早春を向かえます。
北海道に春が来たといえるでしょう。

 

貴方の町にはどんな春が来ていますか。
温かくしてお過ごしください。

したっけぃ

 

 

広告

 

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 鳥類
-, ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.