自然の中でドキドキワクワク!北海道から貴方へのラブレター。I'm a hunter. This website is about wildlives of Hokkaido, Japan. Please check under orange-button, for reading in your languages.

ハンター日記

シマエナガ 鳥類界のアイドルの生態・探し方

更新日:

2018-12-29 No.340

シマエナガ[2018.12北海道十勝 シマエナガ 可愛いぃぃぃっ]

「鳥界のスーパーアイドル、
 シマエナガってどんな鳥なの?
 いつどこで見られるの?」

そんな疑問にお答えします。

本日の記事の内容

・生態

・探し方

どうも、モーリーです。

ハンターとして、
環境コンサルタントとして、
山野を歩く私が
山で見たり気づいたりしたことを紹介します。

シマエナガの生態

シマエナガ[2018.12北海道十勝 シマエナガ(島柄長)]

シマエナガとは内地にもいるエナガの亜種で、
日本では主に北海道に生息します。

あまりの可愛いさから、
鳥界のアイドルとも呼ばれています。

名前の由来は、
シマ(島)は北海道をさし、
尻尾が長いので、柄(尻尾)長で、
シマエナガ(島柄長)と呼ばれます。

アイヌ語でウパシ・チリ。雪鳥の意。

大きさ

大きさは14cmで、スズメ大。
尾の長さが8cmあります。

尾の長さを除くと、
実は日本最小の鳥です。

重さは8g。
ちなみに、
スズメが24g。

キクイタダキが6gで
日本最小の重さです。

時期

12−2月。
北海道には年中いますが、
夏は山奥で生活するため、
出会うのは困難。

また、夏は羽が変わり
スズメのようにスレンダーになり、
モフモフしておらず、
あまり可愛くありません。

 

冬のシマエナガは
防寒対策として、
羽毛をダウンジャケットのように
モフモフさせているのです。

ですから、
シマエナガは冬が可愛いのです。

 

場所

北海道、
針葉樹を含む林に多い。

青森県でも数年に一度ほど目撃情報が出ます。

長野県でも目撃記録はあるようです。

札幌なら西野や真駒内の公園で
見つけられると思います。

街中の中島公園でも
見られるかもしれません。

 

行動

シマエナガ[2018.12北海道十勝 シマエナガ]

5−10羽ほどの集団で行動する。

常に樹上を動き回ってエサを探している。

 

食性

木に付く虫や種子など。

 

探し方

シマエナガ[2018.12北海道十勝 モフモフ感溢れるシマエナガ]

シマエナガの探し方のポイントです。

北海道の12-2月午前中。

ある程度針葉樹がまとまってある公園や林など。

多少風があっても大丈夫。

-10度を超えると、いない気がする。

5−10羽ほどで行動する。

声は「チュリジュリチュリジュリ」とあまり可愛くない。

常に動き、枝の多い場所にいるので、撮影は難しい。

 

ペット飼育

可愛いシマエナガですが、
ぺットとして飼育することはできません。

鳥獣保護管理法という法律により、
採捕・飼育は禁止されています。

ぬいぐるみや写真・イラストで
我慢してください。

 

では、もう一度。

シマエナガ

シマエナガ

 

めんこいのぉ〜〜〜!

 

冬の北海道では、
シマエナガやオジロワシ、
オオワシ、タンチョウなど
多くの珍しい鳥たちと
出会うことができます。

貴方も仕事が落ち着いたら、
双眼鏡と一眼レフカメラを持って
のんびり遊びに来てください。

 

したっけぃ

  • この記事を書いた人

モーリー

東京からUターンして、2015年から北海道で狩猟しています。趣味は旅、料理、読書、アニメなど。仕事は元絵描きで環境調査、インバウンドなど。 ブログは狩猟を軸に、自然と人の折り合いのつけ方、本質的な豊かさの模索をテーマにしています。

-自然, 鳥類
-, , , , ,

Translate »

Copyright© ハンター日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.